PR

A3サイズまでの原稿を読み取れるスキャナー。製本された文書は裁断せずにそのままスキャンできる。
A3サイズまでの原稿を読み取れるスキャナー。製本された文書は裁断せずにそのままスキャンできる。
[画像のクリックで拡大表示]

 ドキュメントスキャナー「スキャンスナップ」シリーズの最新機種「SV600」は、従来とまったく異なる形をしています。スタンドの上に付いたヘッド部分にCCDセンサーやLED光源が搭載されており、上から見下ろすように原稿を読み取ります。

 この結果、読み取れる原稿の種類が増えました。例えば、冊子は裁断せずに読み取れます[注]。段ボールなどの厚みがある原稿やA3サイズまでの大きな原稿も読み取りが可能。クレヨンや絵の具で描かれた絵などは、絵の表面を傷めず、スキャナーの読み取り部も汚さずに読み取ることができます。

 操作は、読み取り部分の下にマットを敷いて原稿を置き、スタンド部分のボタンを押すだけ。冊子のように厚みがある原稿は、綴じた部分が影になったり歪んだりしますが、専用ソフトで補正できます。見開きページを読み取った後で1ページごとに分割して保存する機能もあります。手元にある様々な文書を、簡単に電子化できる便利な製品です。

歪みを自動で修正する
付属ソフトは、原稿と下に敷くマットとの境界や、製本された文書を開いたときの中央部分を自動で認識。ページを押さえる指が写ったときは、クリックして指定し、消すことができる。
付属ソフトは、原稿と下に敷くマットとの境界や、製本された文書を開いたときの中央部分を自動で認識。ページを押さえる指が写ったときは、クリックして指定し、消すことができる。

画像の歪みや色、明るさが補正された。見開き、またはページごとに1 ページとして保存できる。
画像の歪みや色、明るさが補正された。見開き、またはページごとに1 ページとして保存できる。

[注]書籍、雑誌や新聞の記事などをスキャンしたものは、個人で楽しむ範囲で活用してください。他者にメールで送ったり、ブログやネットストレージサービスなどで公開・共有することは、著作権の侵害に当たります。