PR

タブレットを手に入れたなら、インターネットに接続しなければ活用できない。現在はいろいろな方法で通信ができるようになっている。通信費用などを含めて、ベストな方法を考えていこう。

 タブレットはインターネットに接続して使うのが前提だと考えよう。接続しないと、メールの送受信やWebページの閲覧ができないだけでなく、アプリや電子ブックのダウンロードも不可能だ。

 主に携帯電話のショップで売っている3G/LTEモデルを回線契約して買うのは簡単だが、毎月の通信料金が5000円ほど掛かるのでおすすめしづらい。

 まず、家で使うときには自宅のWi-Fiに接続しよう。ちなみに、Wi-Fiとは無線LANと同義語だ。つなぎ方は次ページ以降で説明しているが、基本的にはパソコンと同じで、アクセスポイントを指定して、パスワードを入力すればよい。

 外出先でも利用したいなら、スマホの「テザリング」を使うのがベストだ。これはスマホの持っている通信回線をタブレットにも分けてくれる仕組み。スマホでテザリングを使うオプションを契約するだけなので、費用もお得だ(スマホの通信費は掛かる)。

 テザリングに対応したスマホを持っていない人は、モバイルルーターを購入するのがおすすめ。費用は毎月数百~6000円程度となっている。キャリアや使い方によって料金は異なるが、都心部にお住まいなら「WiMAX」(ワイマックス)がよいだろう。

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]