PR

 利用者の声を反映したユーザーインタフェース(UI)の改善点として真っ先に挙げられるのが、「スタートボタン」を復活させたこと(図1)。Windows 8のデスクトップ画面で作業をしていると、新たにアプリケーションソフト(アプリ)を起動しようとしたときに、どこから起動すればよいのか分かりにくい。そんな不満の解消を図っている。

図1 Windows 8と同様、スタート画面で「デスクトップ」のタイルを選ぶと、デスクトップ画面が開く。このデスクトップ画面に「スタートボタン」が復活したのが、Windows 8.1の大きな改良点。ただし、クリックしても「スタートメニュー」は開かない。スタート画面に戻るだけだ
図1 Windows 8と同様、スタート画面で「デスクトップ」のタイルを選ぶと、デスクトップ画面が開く。このデスクトップ画面に「スタートボタン」が復活したのが、Windows 8.1の大きな改良点。ただし、クリックしても「スタートメニュー」は開かない。スタート画面に戻るだけだ
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ残念なことに、スタートボタンを押しても「スタートメニュー」は開かない。Windows 8と同様のスタート画面に戻るだけだ。Windows 8では、スタート画面がWindows 7以前のスタートメニューの代わりになっており、その位置付けはWindows 8.1でも変わらない。スタートメニューの復活を望む声までは、受け入れられなかったようだ。

 しかしながら、デスクトップ画面を中心に利用するユーザーにとって非常に便利な設定が追加されている。Windowsを起動した後の“標準”の画面を、デスクトップ画面に設定できるのだ(図2~図4)。この設定を有効にすれば、普段はデスクトップ画面を表示させておき、アプリを起動するときだけスタートボタンからスタート画面を表示させる、という使い方ができる。

図2 デスクトップ画面を中心に使う人は、起動直後に表示されるデフォルトの画面を、デスクトップ画面に設定することもできる。それにはタスクバーを右クリックして、「プロパティ」を選ぶ
図2 デスクトップ画面を中心に使う人は、起動直後に表示されるデフォルトの画面を、デスクトップ画面に設定することもできる。それにはタスクバーを右クリックして、「プロパティ」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

図3 「ナビゲーション」タブで、「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」にチェックを入れて「OK」ボタンを押す
図3 「ナビゲーション」タブで、「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」にチェックを入れて「OK」ボタンを押す

図4 パソコンを起動してWindowsにサインインすると、標準でデスクトップ画面が開く。全画面で開く新しいUIのアプリ(Windowsストアアプリ)を終了したときも、デスクトップ画面に戻る
図4 パソコンを起動してWindowsにサインインすると、標準でデスクトップ画面が開く。全画面で開く新しいUIのアプリ(Windowsストアアプリ)を終了したときも、デスクトップ画面に戻る
[画像のクリックで拡大表示]

 「終了方法が分かりにくい」という批判にも対応し、若干の改善が加えられた。Windows 8では、画面右端にチャームバーを表示させ、「設定」→「電源」→「シャットダウン」と煩雑な手順をたどる必要があった。一方、Windows 8.1では、スタートボタンを右クリックすれば、メニューからすぐに選べる(図5)。

図5 Windows 8の不満の一つが、シャットダウンの方法が分かりづらい点だ。そこでWindows 8.1では、スタートボタンを右クリックしたときに開くメニューで、シャットダウンの操作を選べるようになった
図5 Windows 8の不満の一つが、シャットダウンの方法が分かりづらい点だ。そこでWindows 8.1では、スタートボタンを右クリックしたときに開くメニューで、シャットダウンの操作を選べるようになった
[画像のクリックで拡大表示]