PR

 タイル状のアイコンが並ぶスタート画面は、Windows 8の“顔”ともいえる存在だ。タッチで操作しやすいように、タイルのサイズは大きめに設計されている。半面、1画面に表示できるタイルの数は限られる。タイルの数が増えると、横スクロールしないと目的のタイルを表示できなくなり、一覧性に乏しい。また、そもそもタイルに表示されていないアプリをどこから起動できるのかが分からないという声も多かった。

 こうした批判に対して、Windows 8.1はいくつかの改善を施している。

 まずはタイルのサイズ。Windows 8では正方形と長方形の2種類だったが、Windows 8.1ではより小さい正方形とより大きい正方形を加えた4種類が選べるようになった(図1、図2)。多くのアプリをタイルに配置したければ、小さいタイルを使えばよい。「ライブタイル」機能を使って新着ニュースなどを表示させるタイルは、大きいタイルにすることで情報量を増やせる。

図1 Windows 8.1のスタート画面では、タイルのサイズが4種類から選べる。8では「ワイド」と「中」の2種類だったが、8.1では「大」と「小」が加わった
図1 Windows 8.1のスタート画面では、タイルのサイズが4種類から選べる。8では「ワイド」と「中」の2種類だったが、8.1では「大」と「小」が加わった
[画像のクリックで拡大表示]

図2 サイズを変えるには、タイルを長押し、または右クリックして選択し、現れるアプリバーで「サイズを変更する」を選ぶ。なお、「大」や「ワイド」が選べないアプリもある
図2 サイズを変えるには、タイルを長押し、または右クリックして選択し、現れるアプリバーで「サイズを変更する」を選ぶ。なお、「大」や「ワイド」が選べないアプリもある