PR

 Windows 8.1の改善点のうち、最も実用度が高いと思われるのは「スナップ」機能の強化だ。複数のアプリを左右に並べて作業することが、Windowsストアアプリ(以下、ストアアプリ)でも可能になった。

 ストアアプリとは、Windows 8向けのアプリ配信サービス「Windowsストア」で入手できる、新しいタイプのアプリのこと。標準でインストールされている「メール」「ニュース」「地図」などもストアアプリである。ストアアプリは、原則、全画面表示で利用する。従来のデスクトップ画面で動くアプリのような“ウインドウ”の概念はない。

 Windows 8でも、「スナップ」と呼ぶ機能を使って、左右の限定された領域に別のアプリを表示させることはできた(図1)。ただし、その横幅は固定されていて、情報の閲覧や簡単な書き込み程度の機能しか利用できなかった。デスクトップ画面における“マルチウインドウ”の作業環境に慣れたユーザーにとって、これは使いにくいものだった。

図1 Windows 8のストアアプリは、全画面表示が基本(上)。Windows 8では、横幅が1366ドット以上であれば、左端または右端の320ドット分に限り、別のアプリを表示できた(右)。これを「スナップ」機能と呼ぶ
図1 Windows 8のストアアプリは、全画面表示が基本(上)。Windows 8では、横幅が1366ドット以上であれば、左端または右端の320ドット分に限り、別のアプリを表示できた(右)。これを「スナップ」機能と呼ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、Windows 8.1では、スナップで表示したアプリの横幅を、柔軟に変えられる(図2~図4)。中央付近で分割すれば、左右に2つのアプリを並べて同時に閲覧・編集が可能だ。Webページを見ながらOffice文書を編集したりメールを書いたりと、より効率的に作業できる。

図2 Windows 8.1では、スナップ機能が強化される。左端から別のアプリをスワイプして引き出すと……
図2 Windows 8.1では、スナップ機能が強化される。左端から別のアプリをスワイプして引き出すと……
[画像のクリックで拡大表示]

図3 画面が2分割されるので、空いている方にドロップする。マウスでも同様の操作ができる
図3 画面が2分割されるので、空いている方にドロップする。マウスでも同様の操作ができる
[画像のクリックで拡大表示]

図4 ストアアプリ同士や、ストアアプリとデスクトップ画面を、左右に同時に表示できる。中央の境目を左右に動かして、分割の比率を変えることも可能だ
図4 ストアアプリ同士や、ストアアプリとデスクトップ画面を、左右に同時に表示できる。中央の境目を左右に動かして、分割の比率を変えることも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]