PR

 Windowsの各種設定を担う場所といえば「コントロールパネル」を思い浮かべるだろう。一方、Windows 8では、デスクトップ画面で利用するコントロールパネルに加え、スタート画面やストアアプリと同様の新しいユーザーインタフェース(UI)で各種設定を行う「PC設定」という画面が新設された。「設定」チャームを選び、現れた画面の一番下にある「PC設定の変更」を選ぶと表示される。この「PC設定」の画面も、Windows 8.1で大幅に機能を拡充している。

 Windows 8の「PC設定」画面は、従来のコントロールパネルに比べると、設定項目が限られていた。ロック画面やスタート画面、ストアアプリなど、Windows 8ならではの新機能に関する設定はできたが、マウスやディスプレイの設定、ユーザーアカウントの削除などはできない。

 対してWindows 8.1では、「PC設定」の画面でもさまざまな設定が可能になる(図1、図2)。メニュー構成も変わり、「PCとデバイス」「アカウント」「SkyDrive」「検索とアプリ」といった大項目を選ぶと、その大項目に関連する詳細な設定画面に切り替わる形になった。「PC設定」画面は、タッチ操作でも設定しやすいように、大きめのボタンやスライドバーが配置されている。タブレットで各種設定を行う場合は、より便利になるだろう。

図1 「設定」チャームを選んで「PC設定の変更」を選ぶと(左上)、新しい「PC設定」の画面が開く(右上)。その左側で「PCとデバイス」「アカウント」などの大項目を選ぶと画面が切り替わり、さらに詳細なメニューが一覧表示される(右)。左上隅の「←」ボタンで、大項目の画面に戻れる
図1 「設定」チャームを選んで「PC設定の変更」を選ぶと(左上)、新しい「PC設定」の画面が開く(右上)。その左側で「PCとデバイス」「アカウント」などの大項目を選ぶと画面が切り替わり、さらに詳細なメニューが一覧表示される(右)。左上隅の「←」ボタンで、大項目の画面に戻れる
[画像のクリックで拡大表示]

図2 ディスプレイの解像度設定や、ユーザーアカウントの削除など、Windows 8の「PC設定」画面ではできなかったさまざまな設定が可能になっている
図2 ディスプレイの解像度設定や、ユーザーアカウントの削除など、Windows 8の「PC設定」画面ではできなかったさまざまな設定が可能になっている
[画像のクリックで拡大表示]