PR

 Windows 8.1は、Windows 8以上に、クラウド連携を推し進めている。その代表例が、オンラインストレージ「SkyDrive」を利用するためのアプリを標準搭載し、OSと統合させていることだ(図1)。

図1 オンラインストレージ「SkyDrive」のアプリが標準搭載された。Windows 8.1に「Microsoftアカウント」でサインインしていれば、自動的にそのアカウントのSkyDriveの内容を表示できる
図1 オンラインストレージ「SkyDrive」のアプリが標準搭載された。Windows 8.1に「Microsoftアカウント」でサインインしていれば、自動的にそのアカウントのSkyDriveの内容を表示できる
[画像のクリックで拡大表示]

 SkyDriveは、マイクロソフトが提供するクラウド上のストレージ。最大7GBを無料で提供し、有料で容量追加もできる。同社の各種サービスを利用するための「Microsoftアカウント」でWindows 8.1にサインインしていれば、標準機能として使えるのが利点。容量の確認や追加購入は、「PC設定」画面で行える(図2)。ただし、Windows 8.1にローカルアカウントでサインインしている場合、SkyDriveは利用できなくなった。

図2 「PC設定」画面で「SkyDrive」を選ぶと、アカウントにひも付いたSkyDriveの空き容量や各種設定を確認できる
図2 「PC設定」画面で「SkyDrive」を選ぶと、アカウントにひも付いたSkyDriveの空き容量や各種設定を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows 8でも、SkyDriveのアプリを導入して使うことはできたが、大きく異なる点がある。それは、SkyDrive上にある全てのファイルを、Windows 8.1上で管理できることだ。しかも、ファイルの実体をダウンロードすることなく、フォルダーやファイルの情報のみを「プレースホルダー」として管理するので、ディスクの容量は圧迫しない(図3)。検索に必要なファイルのインデックス情報や、画像のサムネイル(縮小画像)のみをパソコン上に保持し、実際にファイルを開くときに初めて、実データをダウンロードする。タブレットなどディスク容量の小さいパソコンで重宝する仕組みだ。

図3 デスクトップ画面の「エクスプローラー」にも「SkyDrive」というフォルダーが用意され、クラウド上のファイルを一覧表示できる。ファイルの実体はクラウド上に置いたまま、フォルダーやファイルの情報(プレースホルダーと呼ぶ)のみ管理しているので、実際のファイルサイズに比べ、「ディスク上のサイズ」はごくわずかで済む。実体はファイルを開いたときに初めてダウンロードする
図3 デスクトップ画面の「エクスプローラー」にも「SkyDrive」というフォルダーが用意され、クラウド上のファイルを一覧表示できる。ファイルの実体はクラウド上に置いたまま、フォルダーやファイルの情報(プレースホルダーと呼ぶ)のみ管理しているので、実際のファイルサイズに比べ、「ディスク上のサイズ」はごくわずかで済む。実体はファイルを開いたときに初めてダウンロードする
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、新しい「SkyDrive」アプリでは、パソコン内にあるフォルダーやファイルも表示できる(図4)。タッチ操作で使いやすい「エクスプローラー」として利用可能だ。

図4 「SkyDrive」のアプリで、左上にある「SkyDrive」の文字をタップ/クリックするとメニューが開く。「PC」を選ぶと、「エクスプローラー」のようにパソコンの中のフォルダーやファイルを表示できる
図4 「SkyDrive」のアプリで、左上にある「SkyDrive」の文字をタップ/クリックするとメニューが開く。「PC」を選ぶと、「エクスプローラー」のようにパソコンの中のフォルダーやファイルを表示できる
[画像のクリックで拡大表示]