PR

 Windows 8には、Webブラウザーとして「Internet Explorer(IE)10」が標準搭載されていた。それがWindows 8.1では「IE11」にバージョンアップしている。その使い勝手は大きく改善された。

 そもそもWindows 8には、新しいユーザーインタフェース(UI)を備えた“ストアアプリ版”のIEと、デスクトップ画面上で動く“デスクトップ版”のIEという、2種類のIEが存在する。ストアアプリ版のIEは全画面表示が基本。画面の下端にアプリバーと一体化したアドレスバーが表示され、「お気に入り」もアプリバー上で選択する。ところが、8ではこの「お気に入り」の使い勝手がいまひとつだった。フォルダーに分けて整理することはできず、結果としてデスクトップ版のIEと同じようにお気に入りを管理できなかった。

 こうした不満を解消したのがWindows 8.1のIE11だ。IE11では、ストアアプリ版でも、お気に入りをフォルダーに分けて整理できる(図1、図2)。結果的に、デスクトップ版のIEとお気に入りを共通化することが可能だ(図3)。

図1 Windows 8.1のストアアプリ版「Internet Explorer(IE)」。通常は全画面だが、画面の下からスワイプ、または右クリックすると、下端にアドレスバーやタブの一覧が表示されてくる
図1 Windows 8.1のストアアプリ版「Internet Explorer(IE)」。通常は全画面だが、画面の下からスワイプ、または右クリックすると、下端にアドレスバーやタブの一覧が表示されてくる
[画像のクリックで拡大表示]

図2 アドレスバーの右側にある星印のアイコンを選択すると、「お気に入り」に切り替わる。さらに星印に「+」記号が付いたアイコンを選ぶと、お気に入りを追加できる。その際、新しいフォルダーを作ってお気に入りを分類することも可能だ
図2 アドレスバーの右側にある星印のアイコンを選択すると、「お気に入り」に切り替わる。さらに星印に「+」記号が付いたアイコンを選ぶと、お気に入りを追加できる。その際、新しいフォルダーを作ってお気に入りを分類することも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

図3 Windows 8と同様、デスクトップ画面で動くIEも搭載されている。「お気に入り」を開くと、ストアアプリ版のIEで登録した内容が同じように表示される。デスクトップ版IEで登録したお気に入りも、ストアアプリ版のIEに反映される
図3 Windows 8と同様、デスクトップ画面で動くIEも搭載されている。「お気に入り」を開くと、ストアアプリ版のIEで登録した内容が同じように表示される。デスクトップ版IEで登録したお気に入りも、ストアアプリ版のIEに反映される
[画像のクリックで拡大表示]

 また、Windows 8.1ならではの新機能に「新しいウィンドウで開く」がある。Windows 8.1では、「スナップ」機能が強化され、ストアアプリでも画面を2分割して表示できるようになった。IE11でリンクを開くとき、アプリバーや右クリックメニューから「新しいウィンドウで開く」を選ぶと、リンク先のWebページが画面の右半分に開かれる。2つのWebページを並べて参照したいときなどに便利だ(図4)。

図4 リンクを長押ししてアプリバーから「新しいウィンドウで開く」を選ぶと、画面を分割して別ウインドウで開ける。2つのサイトを同時に参照したいとき便利だ。マウスではリンクを右クリックしてメニューを選ぶ
図4 リンクを長押ししてアプリバーから「新しいウィンドウで開く」を選ぶと、画面を分割して別ウインドウで開ける。2つのサイトを同時に参照したいとき便利だ。マウスではリンクを右クリックしてメニューを選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]