PR

電話帳や写真の移行

 以前使っていたアンドロイドスマートフォンから新しいiPhoneへ乗り換える際、さまざまなデータを移行する必要がある。電話帳や写真、音楽など、およそ必要と思われるデータは「JSバックアップ※」という無料アプリを使って一括で転送可能。ただし、容量が大きくて一度に処理できない場合には、バックアップ項目を指定して少しずつ移行しよう。

 クラウドサービス「Dropbox」を利用するので、ブラウザーでWebサイトへアクセスしてアカウントを取得しよう。アンドロイドスマートフォン、iPhone、パソコンのいずれから接続してもかまわない。

※アンドロイド用はGoogle Play、iOS用はApp Storeで入手可。

(1)「JSバックアップ」を起動
転送元のアンドロイドスマートフォンに「JSバックアップ」をインストールし、起動する。「バックアップ」をタップする。
転送元のアンドロイドスマートフォンに「JSバックアップ」をインストールし、起動する。「バックアップ」をタップする。
[画像のクリックで拡大表示]

(2)バックアップ先を「Dropbox」に
バックアップ先の「変更」ボタンをタップし、「Dropbox」に変更する。iPhone側のアプリがDropboxしか対応していないためだ。
バックアップ先の「変更」ボタンをタップし、「Dropbox」に変更する。iPhone側のアプリがDropboxしか対応していないためだ。
[画像のクリックで拡大表示]

(3)バックアップ項目を選択
バックアップする項目は細かく選択できる。データ量が多いようなら、まずは連絡先だけで試してみるのがいいだろう。
バックアップする項目は細かく選択できる。データ量が多いようなら、まずは連絡先だけで試してみるのがいいだろう。
[画像のクリックで拡大表示]

(4)iPhoneで「JSバックアップ」を起動
アンドロイドスマートフォンでのバックアップが終了したら、iPhoneで「JSバックアップ」を起動し、「復元」をタップする。
アンドロイドスマートフォンでのバックアップが終了したら、iPhoneで「JSバックアップ」を起動し、「復元」をタップする。
[画像のクリックで拡大表示]

(5)復元ファイルを選択する
復元ファイルの「変更」をタップし、バックアップしたデータを選択する。その後、「スタート」をタップすると復元が始まる。念のため、復元中にスリープしない設定にしておこう。
復元ファイルの「変更」をタップし、バックアップしたデータを選択する。その後、「スタート」をタップすると復元が始まる。念のため、復元中にスリープしない設定にしておこう。
[画像のクリックで拡大表示]