PR

質問

何となくパソコンの動作が不安定なので、セーフモードでドライバーを入れ直そうと思いました。しかし、ウィンドウズ8だと起動時に[F8]キーを押してもセーフモードに入れません。セーフモードは無くなったのでしょうか?(祈復活さん)

回答

 セーフモードはウィンドウズ8にもあり、動作チェックやデータの復旧に使えます。ご指摘の通りウィンドウズ7でしたら、OSの起動直前に[F8]キーを押すと「詳細ブートオプション」メニューが表示され、このメニューから「セーフモード」を選択できました。
 ウィンドウズ8ではこのメニューが表示されません。代わりに、OSを再起動したときにセーフモードに入れるようにする手順がいくつか用意されています。「スタートアップ設定」を表示させる手順が基本です。スタートアップ設定は、ウィンドウズ7の詳細ブートオプションに相当するメニューです。「PC設定」の一環として、再起動させる際のオプションとなります。スタートアップ設定メニューで「セーフモードを有効にする」を選択するとセーフモードになります。

 以上の手順のうち、「オプションの選択」を表示するまでは、ウィンドウズ8の「shutdown」コマンドでもたどり着けます。コマンドプロンプトから実行します。毎回コマンドを入力するのが面倒だと感じるなら、ショートカットを作成してそれをピン留めしておくとよいでしょう。

 ログオン画面や設定チャームからもこの手順に入れます。ログオン画面右下にある「電源」アイコンをクリックし、[Shift]キーを押しながら「再起動」をクリックします。設定チャームで再起動させるときも同様の操作が可能です。オプションの選択画面が表示されますので、後は下図の手順で操作してください。

 ここまでは起動オプションを選択して、セーフモードに入るための手順を紹介してきました。これとは別に、起動設定自体をセーフモードに変えてしまう方法があります。これには「msconfig」コマンドを利用します。msconfigを実行して、表示されたウインドウにある「ブート」タブを選びます。「ブートオプション」セクションに「セーフブート」という項目があります。この項目をチェックしておくと、次回以降は自動的にセーフモードで起動します。面倒な作業は不要ですが、設定を元に戻さないと毎回セーフモードで起動してしまいます。