PR

質問

ウィンドウズ8を使っています。ウィンドウズ8は標準でウイルス対策ソフト「Windows Defender」が組み込まれています。ダウンロードしたファイルなどは自動的にスキャンしてくれますが、USBメモリーに入ったファイルなどはどうやってスキャンすればよいかが分かりません。ウィンドウズ7に「Microsoft Security Essentials」を組み込んだときは、右クリックで表示できたのですが。(Microsoft信者さん)

回答

 ウィンドウズ8は「Windows Defender」の一部として、ウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」の機能が統合されました。しかし、個別のファイルをスキャンするには、明示的にWindows Defenderを起動し、目的のファイルが存在するフォルダーをスキャンしなければなりません。これでは不便です。そこで、Windows Defenderの中のウイルススキャン機能を右クリックメニューから実行できるようにしましょう。

 まず、ファイルを右クリックしたときに、「Windows Defenderでスキャンします」というメニューが表示されるようにします。レジストリエディターを起動し、キー「HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell」を開きます。ここに「WindowsDefender」という名前の新規キーを作成します。そこに「MUIVerb」という名前の文字列値を作成し、その値のデータを「Windows Defenderでスキャンします」にします。次に「WindowsDefender」キーの下に「Command」キーを作成し、処理を記述します。Commandキーの「既定」をダブルクリックして、下図にある個別のファイルをスキャンするコマンドを指定します。「MpCmdRun.exe」がコマンドライン版の実行ファイルで、「-scan-scantype 3」はファイル単位のスキャン、「-SignatureUpdate」は定義ファイルを更新するオプションになっています。

 スキャン結果はWindows Defenderの「履歴」タブ、またはログで確認できます。ログは、隠しフォルダーに保存されているため、エクスプローラーの表示オプションを変更します。