PR
iTunes Match

米アップルが提供する音楽管理サービス。ユーザーがiTunesで管理していた全ての楽曲をクラウド上で保存。これにより、同じアカウントで利用するどの機器からでも自由に再生できるようになる。

 iTunes Matchは、米アップルが提供する年額制(3980円)の音楽管理サービスである。国内では2014年5月に開始した。サービスに加入すると、ユーザーがメディア管理アプリ「iTunes」で管理している楽曲ファイルが、そっくりアップルのクラウドサービス「iCloud」側に保存される(図1)。iTunes Storeで購入した楽曲はもちろん、音楽CDから取り込んだ楽曲も含めたユーザーのコレクション全体が対象となる。iCloudには最大2万5000曲を保存可能だ。

●ユーザーの音楽ライブラリーをクラウド上に置く
図1 米アップルの「iTunes Match」の概要。ユーザーがiTunesで管理している楽曲ファイルがそっくりクラウド上に置かれ、ダウンロードやストリーミングで再生できるというサービスである
図1 米アップルの「iTunes Match」の概要。ユーザーがiTunesで管理している楽曲ファイルがそっくりクラウド上に置かれ、ダウンロードやストリーミングで再生できるというサービスである
[画像のクリックで拡大表示]

 iCloudに置かれた楽曲ファイルは、パソコンやiPhone、iPad、iPod touch、Apple TVで再生できる。インターネット接続環境があればどこからでも、機器のストレージ容量を気にすることなく自分のコレクションにある楽曲を聴ける。