パソコンやネットを利用すると、ユーザーが気付かぬうちに、複数の機器やサービスが勝手につながり、個人情報や各種データをやり取りすることがある。その原因は、パソコンやネットで使われる「アカウント」の取り扱いが難しいこと。その実態を解明し、対処法を紹介する。