購入当初はきびきび動いていたパソコンも、数年たつと動作が重くなる。今回の特集では、そうしたパソコンをできるだけ軽くするためのノウハウを紹介する。

 ただ、パソコンのもともとの性能によっては、軽くするのにも限界がある。例えば、Atomを搭載した古いネットブックを劇的に軽くするのは困難だ。逆に既に高速な最新パソコンも、それ以上は速くなりにくい。まずは図1のチェックシートで、自分のパソコンがどの程度のレベルなのかを把握しよう。この簡易判定で4~11点くらいなら、高速化の効果を感じやすいし、ハードウエアの増強で軽快にできる余地もある。

[画像のクリックで拡大表示]

図1 まず自分のパソコンがどのレベルなのかをチェックリストで簡易的に確認しておこう。当てはまる項目を選び、点数を合計して上の表で確認する。メモリーやストレージなど、後からパーツを交換することで速くできることも多い
図1 まず自分のパソコンがどのレベルなのかをチェックリストで簡易的に確認しておこう。当てはまる項目を選び、点数を合計して上の表で確認する。メモリーやストレージなど、後からパーツを交換することで速くできることも多い
[画像のクリックで拡大表示]