Windows 8.1 UpdateのモダンUIでは、スタート画面に加えて、アプリビューでも利便性が向上している。アプリビューは、インストールされているアプリケーションを一覧で確認できる画面。従来のWindows 8.1ではただ名前順に羅列されているだけだったので、アプリの数が多いと目的のアプリを見つけにくかった。8.1 Updateではその点が改善され、アプリ名のイニシャルのヘッダーが付き、スムーズにアプリを見つけやすくなっている(図1)。

●アプリが見つけやすくなりカスタマイズもOK
図1 Windows 8.1 Updateでは、アプリビューにイニシャルのヘッダーが付き、アプリの表示数も増やすことが可能になった。これにより格段にアプリを見つけやすいくなったのがメリットだ
図1 Windows 8.1 Updateでは、アプリビューにイニシャルのヘッダーが付き、アプリの表示数も増やすことが可能になった。これにより格段にアプリを見つけやすいくなったのがメリットだ
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、一画面に表示できるアプリの数を増やせるようになったことも大きなポイント。設定チャームから機能を切り替えることで、表示するアプリの数を簡単に増やすことが可能になっている(図2、図3)。

●表示するアプリの数を増やして操作性をアップ
図2 アプリビューを表示して、設定チャームの「タイル」をクリックする
図2 アプリビューを表示して、設定チャームの「タイル」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

図3 「アプリビューに表示するアプリを増やす」の項目を「はい」にすればOK
図3 「アプリビューに表示するアプリを増やす」の項目を「はい」にすればOK
[画像のクリックで拡大表示]