スタート画面やアプリビューなど、モダンUIの変更点がクローズアップされがちなWindows 8.1 Updateだが、デスクトップの利用に関しても利便性が向上している。従来のWindows 8.1では、デスクトップでの作業中にストアアプリの起動や確認をしたいときは、いちいち画面を切り替える必要があった。

 8.1 Updateではこの点が改善され、タスクバーに起動中のストアアプリのアイコンが表示されるようになった。さらにタスクバーには、任意のストアアプリをピン留めできるので、アイコンをクリックして起動や終了なども簡単に行えるのがポイントだ(図1)。

●ストアアプリはデスクトップから連携できるように!
図1 従来はかなり面倒だったデスクトップとストアアプリ画面との切り替えが、8.1 Updateではタスクバーからの操作だけで可能になった。両画面を使った作業効率もこれで大幅にアップする
図1 従来はかなり面倒だったデスクトップとストアアプリ画面との切り替えが、8.1 Updateではタスクバーからの操作だけで可能になった。両画面を使った作業効率もこれで大幅にアップする
[画像のクリックで拡大表示]