PR

 「受信したメールはパソコンのハードディスクに記録する」。確かに数年前は、それが当たり前の使い方だった。今でも踏襲している人は多いだろう。でもちょっと待ってほしい。それで大切なメールをしっかりと守ることができるのだろうか。

 パソコンは機械である以上、必ず壊れる。少し衝撃を与えたり、落としたりしただけでハードディスクが読めなくなるかもしれない。外に持ち歩く携帯ノートであれば、盗難あるいは紛失の危険性もある。

 メールは取引先や同僚、あるいは友人や家族との大切なやり取りを含んでいる。それらのデータが、一瞬でなくなるという事態は、絶対に避けたいものだ。定期的にバックアップを取っているなら、ある程度は元に戻せるかもしれないが、バックアップ後に取得した最新のデータが失われてしまうリスクは残る。

[画像のクリックで拡大表示]