PR

 PC Onlineをご覧の皆さん、何か変わった感じがしませんか? いや、「何か変わった感じどころじゃない」と? そう言っていただけると、苦労した甲斐があります。そうです。PC Onlineは、2008年4月15日に全面リニューアルしました。

 今回のリニューアルは、単にデザインを変えただけではありません。必要な情報にアクセスしやすいよう、ナビゲーションメニューを改良したり、モバイルユーザーにぜひとも使っていただきたい公衆無線LANマップ(モバイルマップ)を追加したりなど、いくつかの機能強化も果たしました。それぞれの詳細は、各担当者からおいおい(すぐに?)お知らせさせていただくとして、今回は私が担当した新メニューをお話しましょう。

いつの間にかMac関連記事の人気が高まる

 ここでご紹介するのは、Macintosh(Mac)情報を集めたテーマサイトです。従来、パソコン雑誌にとってMac情報はちょっとした“鬼門”でした。Macの情報を求めている人は、Macを好きな人が多く、そしてMacに詳しい人が多い。一方で、Macに全く興味がない人が数多くいます。このため、たくさんのページ数をMacに割いても読者からの反応が少ないし、かといってMacの記事を読みたい人にとっては少ないページでは物足りない、という状況が続いていました。

 でも、それもこの数年で徐々に変わってきました。感覚的にですが、iPodがすっかり一般的になったあたりからでしょうか。Mac情報を掲載したときの反響が感じられるようになりました。Webサイトを本格的に運用するようになってからは、Macにスポットを当てた記事やコラムが他の記事を押しのけてページビュー(PV)を集めるようになりました。そこで、PC Onlineとしても本格的にMac情報を提供しようじゃないかとなったわけです。

 主な柱は、連載コラムと活用テクニックです。コラムの中心は、従来からPC Onlineの中でも1、2を争う人気コラムだった「Long Winding Mac」。この人にMacを語らせたら止まらないと評判の林伸夫氏が、Macの本体から周辺機器、ソフトウエアまで、新しいものは何でも試して熱く語ってくれます。

 新連載も準備中。日経BP社の雑誌やWebサイトでおなじみの戸田覚氏による「Macを仕事に徹底活用」が来週から始まります。その名の通り、Macintoshを仕事に役立つ道具にするためのノウハウを紹介するコラムです。戸田氏が分析するに、「Macはようやく仕事に使える道具になってきた」とのこと。それならば、そのためのワザを紹介いただきたいと、連載をお願いしました。

 核になる存在だと思っているのが、「Excel即効テクニック for Mac」と「Word即効テクニック for Mac」です。PC Onlineでは、Windows向け主要ソフトの「即効テクニック」を数々紹介しています。そのMac版を今回新たに始めるのです。まだ数は少ないのですが、執筆陣は「Mac版は使いやすい。気に入った」とノッてくれている様子。もちろん、コラムや即効テクニックだけではなく、最新トピックも随時投入していきます。

 自宅のパソコンを買うときに、会社の仕事もできるようにと考える人は多いと思います。そうなると第1の候補はWindowsパソコンなのかもしれません。でも、間違いなく言えるのは、Macも有力な候補になってきたということ。そして、実際にMacを選ぶ人が増えているということです。日経パソコン編集部でも、会社ではWindows、自宅ではMacという人が目立つようになって来ました。Mac好きがMacを買うという昔の構造とは少し違って、冷静に自宅のパソコンに何を選ぼうかと吟味した結果、Macという結論に至ったという人が増えているように思えます。

 もしかすると、PC OnlineのMacサイトは、Macへの愛情にちょっと欠けているかもしれません。でもその分、Macをより有用な“道具”として使い込むための情報を、冷静に検証してお届けできると思っています。ご期待ください。