PR

塩漬けになっているトコのHP「トコの間」がある。8年近く前に作った。当時は、画面にようやく画像が載せらるようになった頃よ。しかし、大きな画像は重くて重くて、嫌われたりして。そして、ようやく動く画像が開発され、「ヒエ~、画像が動くよ」と驚いていたころだ。(無線も、光も、ADSLもない。普通の電話回線だった)

そう考えると、いまの動画すらサクサク表示されるインターネットの進歩ってとんでもなく早いね~。

でもって、その頃、ちょうどパーソナリティの仕事をしていたコミュニティFMが、インターネットラジオの先駆けだったの。スタジオにカメラを置き、番組だってネットで聴ける、という、当時はビックリの技術。

だもんで、ラジオ局にはインターネットに詳しいウェブマスターという専門の人がいた。そこで、無理やり、職権乱用で、3万円くらいで作ってもらったのよ。
その後、ときおり、情報をアップしてもらったりして(メンテナンスはもちろん無料さっ)

しかし、その彼がFM局をやめてしまったのよ・・・。
そしたら、どこからページを書き換えるのかが、分からないの。
それ以来、化石のようなページがネットに残っている。

■(当時の懐かしい技術をごらんになりたい方は、トコの間をのぞいてみてね)
http://www.tokodesu.com/

動く画面っていうのが、この程度でも、当時は斬新と仰天されていたのさっ!!

チラッとHPをのぞいてみたら、『連載中』は、半分以上入れ替わってるし。
最新情報の『NEW』は、なんと2003年2月以来、更新されていない。
ワハハッ!!

■もちろん、稼動はしているのよ。

私に対する講演依頼や原稿依頼のメールなどは、そのページの『お便り』欄から、いまだに舞い込んでくるし。プロフィールもそこから引いてもらっている。

■みなさんも、トコやオ~ヂに質問などありましたら、そちらからどうぞ~。

講演会の告知につかう写真も、HPからどうぞ~、とお願いしているが、どうも昔のスキャンだから解像度が低いらしく、
「やっぱりあの画像じゃパンフレットに印刷できません。写真を郵便で送ってください」
と担当から再依頼されるので、めんどくさいわ。
もういい加減、HP更新に腰を上げねば。

■そしたら、次男がカッコイイHPを作りたい、と相談して来た。

「何であたしに聞くのよ?」
「いや、日経パソコンで仕事してるから、くわしいでしょ?」
「知るわけないじゃん」
「じゃあ、いくらくらいかかるのかなぁ」
「友達が見積もり取ったら50万円って言われたって。それは安いらしいよ。でもどの程度のセンスのいいページか分かんないけど。カッコイイのなら、100万円とかするんじゃないの?それにさぁ、作った後、メンテナンス料が、毎月数万円とかかかったりするんだよ、確か。」

と、むちゃくちゃうろ覚えの雲をつかむような話である。

「そうだわっ。自分で作る、HP制作ソフトで作れば?無料ダウンロードとかあるじゃないの。それにあんた、私と違って、けっこうパソコン、うまいじゃん」
「いやいや、無料ソフトなんてのは素人っぽいから、イヤなんだよね」
「なにゼイタク言ってんの。ううむ、わたしは、実はネットをほとんど見ないのよね~、だから、どんなのがカッコよくて、どんなのが素人っぽいのか、わかんないよ」
「ぜんぜん違うんだよっ、HPソフトの作品とは」

ということらしい。
やっぱ、このPC Onlineのページってカッチョイイのだろうか?
カッチョイイとしたら、どの部分が?
(それすらよく分からない)
そういえば、ユニクロのHPが、制作されたらしい。ネットデザイナーだっけ?
その世界では有名な何とか言う人とがデザインし、佐藤可士和さんとかが関わっていたわ。
アメリカまで撮影に行ったり、大変よ。
それが、予算が一億円に近い数千万円だったのよ。
じゃあ、このサイトも全面リニューアルだけで1000万円以上はかかるんじゃないのか。
そう思ってみると、すごいよね~。

■そしたら、たまたま、朝刊に《儲かるHPつくります。製作は0円。無料》という広告が載っていた。

ギョエッ!!これこれ。

■じっくり読んだら、月額1万9800円かかるんだって。
この金額に、更新とか、メンテとかも含まれているらしい。
さらに「打ち合わせのとき、難しい専門用語は使いません」だって。

そこのHPを見てみたら、「ホームページとは」とか「検索エンジンとは」などの単語に対する説明とかていねいに載っていたぞ。そんなレベルの人が、HPを持つ意味があるのか。
■しかし、1万9800円は5年契約というワナがあった。
つまり、1年間は、1万9800円×12=23万7600円。
それが5年間だと、かける5で、118万8000円になるのであった。

けっこう高いじゃん。

■ネット社会の5年契約は、自分のHPの古くなり方を見てもわかるが、長期過ぎてやばい、と思うわ。新しさをキープできるとしたら、個人のHPでも、せいぜい3年までかなぁ。

■PC Onlineも、編集部全員ヘロヘロになりながら毎年全面リニューアルを重ねているよ。プチリニューアルはしょっちゅうだし。

■日経パソコン編集部のプロ集団が、討ち死に寸前になるまで頑張ってリニューアルしているこのサイトって、もし、有料で請け負ってゼロから作るとなれば、数千万円とか、ものすごい値段が発生するんじゃないかしら?

そう考えたら「俺たちってよく仕事してるよな~」と自分で自分をほめたくならない?

さあ、オ~ヂ、この言葉で元気を出して、花粉症だか、風邪だか、リニューアル疲労だかわからないが、立ち直ってちょんまげ。

■しかし、HPって大切よね~、情報集めようっと。
製作費だけでなくメンテ料のこととか、からくりがあったら色々教えてね~。

★ ★ ひとこと風水 ★ ★
人や情報が集まるにぎやかな場所に行くと運が上がる。
そこにはたくさんの運が集まっているから。
山の上より、谷のほうが運がたまっているのでいいんですって。
(渋谷なども谷ですよね)Dr.コパの夢をかなえ富を築く 2008年風水術 (実用百科)
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

タントーヨシダ:
ちなみに淡い期待をされてますね。。。
私、デザインセンスないんですけどねぇ。
自分のHPは持ってますけど、Blogシステム使ってますし。

でも、読んでいてふとした疑問が。。。
「トコさん、自分のHPのアカウント、覚えてます?」
これないと、リニューアルどころでは。。。