PR

 みなさん、モバイルしていますか? NTTドコモのHT1100が発売されたり、WILLCOM 03が今月発売予定だったり、iPhone 3GとEMONSTER liteが発表されたりとモバイルファンにとっては、忙しい6月です。

 さて、今回は、Windows MobileスマートフォンのTodayのカスタマイズの紹介です。

 「Today」とは、スマートフォンの電源を入れると最初に表示される画面です。この点、パソコンのデスクトップや携帯電話の「待受画面」に相当するものと言えますが、一方でパソコンのデスクトップや携帯の待受画面とは異なる側面もあります。というのも、「Today」という名前の通り、「今」という時間軸でネット上の情報を表示することができる点です。

 「Today」には、「アイテム」と呼ばれるコンテンツを配置できます。この「アイテム」によるカスタマイズで、スマートフォンは全く別のものに生まれ変わってしまうほどです。例として、私の「Today」をご紹介します。

図1 スマートフォンの「Today」
図1 スマートフォンの「Today」

 この「Today」は、イー・モバイルのWindows Mobileスマートフォン「S11HT」(通称、EMONSTER)の画面です。今回のカスタマイズのテーマは、「ネット情報端末化」です。上から順に入れているアイテムを紹介すると、

○TinyClock:時計表示アイテム
○Windows Live:Hotmail、Messengerなど利用可能
○Skype:テキストチャット、音声通話も可能
○RSS Ticker Today:RSS情報取得して表示
○QuicToday:ネット検索
○UKTenki:天気表示
○Sun's Moon:日の出日の入り時刻表示