PR

さいきん、競馬に取り組んでいるトコだ。取り組むって変な言い方だけど、体験中っって表現したらいいのかしら。

いままで、何度か馬券は買ったことがある、という程度の経験しかない。さらに、番組のロケで、今まで知らなかったディープな世界を探検しよう《ディープチ》というコーナーで「小倉競馬場」に行き、馬券の買い方、とか、競馬場グルメとか、競馬実況放送の取材をさせてもらったよ。なんだかすごいことが行われているなぁと、感心して帰った。
そうそう、このときの競馬時実況放送で、近藤鉄太郎君(←個人的にも競馬大好き)の実況を間近で見て、「スゲー、この人、スゲーや」と、初めて思った。
それまで、何年間も一緒に仕事をしていたのに、さっ。

そうそう、《ディープチ》コーナーでは、いまどきのラブホテルに潜入したこともあった。人気のホテルらしく、ロビーでは、待ち時間にマッサージやネイルなどもできるし、DJがいて、ビンゴ大会なども開催!露天風呂つきとか、カラオケ、コスプレ貸し出しなどに目がテン。さらにお部屋に運んでもらえるご飯とかもなかなかだったわ。
このときは、女性限定プランというのがこのホテルではあって。
女性たちの宴会に、ゆっくりできるお部屋を提供します、というプランがあったのだ。

さらに、ディープチは、ホストクラブ・温泉地の秘宝館・メイド喫茶などに繰り出したが、さすがに、放送できる限界というものがあり、このコーナーは立ち消えとなった。
ワハハ。

で、競馬に話を戻すが。
そんな取材程度の薄っぺらな体験しかないのだが。

■いきなり、小倉競馬場で、馬主席である。表彰式である。

実は、先月のこと。
ドクターコパさんの秘書さんから、お誘いを受けた。
「うちの先生の馬が小倉競馬で走るので、一緒に応援しませんか。
たまたま、福岡で先生も仕事なので、終わり次第小倉に向かいましょう」
とのこと。
(福岡と小倉は、新幹線で18分と近いのよ。)

■しかも、ドクターコパさんは馬主。

ということは、参加したら、あこがれの馬主席から観覧できるってことじゃん。
「いきますっ、いきますっ」
二つ返事だわ。

■さて、小倉競馬場だ。
馬主バッジをつけたコパさんの後にくっついて、ゴージャスな馬主専用入口から、
秘書さんとトコはくっついて入った。

サロンのようなお部屋があり、お金持ちそうな人たちが談笑している。
ひょぉ~~~~~~!!

で、その日は、コパさんの馬は、北海道やらあちこちで数頭出走していたので、
お部屋のモニターで、そのこたちのチェックも大忙し。

しかも、馬主の友人から、
「小倉競馬に行けないから、かわりに応援してきてください。もし優勝したら、表彰式もよろしくお願いします」と依頼されていたらしく、その馬も応援だ。

そしたら、その友人のお馬さんが障害レースで優勝したのよ!
「おいおい、勝っちゃったよ。くちとりだ」
とコパさんは上着をつかんで立ち上がった。
私たちも、ワイワイとついて行った。

■G3という重賞レースだったらしく。
かなり数のカメラが並んでいる中、表彰式だ。

[画像のクリックで拡大表示]

表彰式の様子。馬主・騎手・調教師などに、花束贈呈とかあるの。

記念撮影を横で見ていたら、「口取り写真」撮影になった。
馬の横で綱を握って並ぶのを「口取り」って言うらしい。

■コパさんから、手招きされたので、秘書さんとトコも綱の端っこに加わらせてもらったよ。

またまた、カメラマン達が絶賛撮影タイムだ。

秘書さんが
「ギャロップとかに載るかも。重賞レースですから」
と教えてくれた。

ぎゃぼーーー。って、ギャロップって競馬の専門誌らしい。
その後、装丁された写真がコパ事務所から送られてきた。

[画像のクリックで拡大表示]

わはは、馬主すごろくが、ゴールから始まった気分だ。

■そこで、この盆は、競馬を極めることを決心。
買い込みました。マンガだけど。

とりあえず、15巻。げげっ、文庫版にすればよかった。コミック版ゲット・・・。
あっ、次男が全巻持っていたっ!よねっ?!!

これが読みおわったら太陽のマキバオーだ。


あ、これも長いね。とりあえず、10巻。

イー・モバイル海外でも使えるケータイ!ソフトバンク!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

タントーヨシダ:
競馬の前に、オリンピックの馬術も応援しなくちゃですな。
北島が金です!すげーな。