PR

快適なタッチ操作とテンキーを併せ持つ「HT1100」

 NTTドコモから発売した「HT1100」は、フルキーボードを持たず、テンキーだけのケータイライクなスマートフォン。同じ時期に発表された「F1100」と比較すると、HT1100はタッチパネルを備えている点が大きく異なる。また、ブラックにブルーがアクセントとなっている外観はスタイリッシュで、ホワイトモデルも用意している。NTTドコモのスマートフォンとしては初めて、コンシューマーをターゲットとしているということだ。

図1 画面の標準はグレーが基調で、ボディーと合っている。決定ボタンや、本体のサイドにブルーが使われている
図1 画面の標準はグレーが基調で、ボディーと合っている。決定ボタンや、本体のサイドにブルーが使われている
[画像のクリックで拡大表示]

●HT1100の3大ポイント
   ・「TouchFLO」のスムーズな操作性
   ・タッチパネルで写真を閲覧する「フォトアルバム」
   ・ブルーをアクセントにしたスタイリッシュな外観

 製品名  HT1100 
 キャリア  NTTドコモ 
 メーカー  HTC 
 OS  Windows Mobile 6 Professional Edition 
 入力方法  タッチパネル、テンキーほか 
 液晶サイズ  約2.6インチTFT液晶(240×320ドット) 
 本体寸法  約W55×D18.2×H107mm 
 重さ  約128g 


キーボードにOKボタンはなし

 HT1100は、タッチパネルとテンキー合わせて2つの入力方式を持ち、フルキーボードを搭載しない。スライドするとテンキーが現れ、外観は普通の携帯電話と変わらない。キーピッチは、実測で横約9.5×縦約6.5mm。ちょうど打ちやすい大きさだ。しかし、キーボードを使って操作し始めると、すぐに違和感を覚える。OKボタンがないのだ。画面を閉じるときや、「OK」を押すタイミングで戸惑ってしまうことになる。

図2 携帯電話のように、スライドしてテンキーを引き出して入力する
図2 携帯電話のように、スライドしてテンキーを引き出して入力する
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料