PR

 「iPhone 3G」は、7月11日に発売となり、多くのメディアで取り上げられた。何を隠そう、私もソフトバンクショップに並んだ一人だ。発売後、iPhoneは入力がしづらいという声をよく耳にする。今までの携帯電話の代わりになるか心配で、購入をためらっている人も多いのではないだろうか。今回は前編と後編でiPhoneの記事をお届けしよう。まずは、その日本語入力をとことんチェックしてみた。

図1 画面には指でタッチしやすい大きめのアイコンが並ぶ。それぞれのアイコンは位置を移動することも可能
図1 画面には指でタッチしやすい大きめのアイコンが並ぶ。それぞれのアイコンは位置を移動することも可能
[画像のクリックで拡大表示]

●iPhoneの「入力性」3大ポイント
   ・日本語でも2種類のキーボードを搭載
   ・4方向に開くテンキー入力
   ・入力フォームによって動的に変化するキーボード

入力したキーやカーソルの位置が指の上に表示

 iPhoneでは、全面がタッチパネルになっており、メールやメモなどを入力する際には、タッチパネルに表示されたキーボードを使う。日本語入力用には、フルキーボードとテンキーが用意されている。入力の画面で、地球のようなアイコンを押すと、テンキー、日本語フルキーボード、英語フルキーボードの順に切り替えられる。この切り替えが、ほぼ毎回非常に時間がかかり、数秒ほど待たなくてはならない。後述するが、キーボードの種類を減らすことで、ある程度動きは速くなるようだ。

図2 メール画面でフルキーボードを立ち上げた所。「L」の右側に「-」がなく、スペースキーのラベルが「space」なので、英語キーボードだとわかる
図2 メール画面でフルキーボードを立ち上げた所。「L」の右側に「-」がなく、スペースキーのラベルが「space」なので、英語キーボードだとわかる

 英語と日本語のフルキーボードはとてもよく似ていてるが、「-」(オンビキ)や、スペースキーの文字(スペース、またはspace)で区別ができる。記号を入力する際には、日本語フルキーボードなら、その都度左側に表示される「123」や「#+=」ボタンで切り替え、「ABC」ボタンで元に戻す。初めてでも迷ってしまうことはなく、直感的に操作できるだろう。