PR

 10月に入り、すっかり気温も低くなってきました。衣替えしたり、夏の布団をしまったり、生活の中でもいろいろな変化があります。環境の変化に体が順応できず風邪を引きやすいのもこの時期ですね。

 こうした季節の変わり目は、実は、ライフスタイルを大きく変えるチャンスでもあります。環境が変わることによって行動も変化を受ける時期。それに合わせていろいろなことを習慣化していくチャンスでもあります。

 昔から言われているのが、読書の秋や芸術の秋といった文化方面の興味を広げていく機会としての秋。確かに、夏の暑さが和らぎ、生活の中で気持ちの余裕が出てきたときには、いろいろなことを新しく学んだり触れたりするいい機会です。

 読書にとどまらず、新しい勉強をスタートさせるにもいい時期でしょう。検定試験なども、実は秋に集中しています。今から始めて短期間受験にトライしてみるのもいいと思います。ちなみに、僕自身は松竹歌舞伎検定という検定の実施を担当しています。歌舞伎という日本の伝統芸能に関する造詣を深めることのできる検定です。

 もう1つ、お勧めしたいのが散歩の習慣です。夏はうだるような暑さの中で、外を散歩すると汗だくになっていました。それが秋になると、気持ちのよい風の中をすがすがしい気持ちで散歩することができます。

 お昼休み、ランチを少し早めに終わらせ10分くらいオフィスの周りを散歩してみると、気分もすっきりして、午前中に頭を悩ませていた問題について解決の糸口も見えてくるかもしれません。運動して神経を覚醒させることで、食後の眠気も緩和できるでしょう。午後の生産性が変わってくるはずです。

 季節の変わり目、体調に気をつけるとともに、新しいことにチャレンジすることはとてもお勧めです。