PR

 スポーツカーにすべての男子が憧れたのも今は昔。今の若年層はクルマを憧れの対象ではなく、実用的な移動手段の一つと考えることが多くなっているようだ。とはいえ、男子たるもの、一度ぐらいは自動車レースに興味を持ったことがあるのではないだろうか。

 しかし、いくら興味を持ったとしても、実際に四輪のレースを趣味として楽しむとなれば、相応にお金がかかってしまうのも事実だ。自分の車でサーキットをスポーツ走行するだけでも、それなりに予算は必要だが、さらにレースに参加となると、とたんにハードルが高くなる。

 ハードルが高くなるほど参加者の本気度はメーターを振り切らんばかりに高まり、結果として“楽しむ”よりも“競う”要素の方が強くなってしまう。

 そんな中で、自動車レースとしては異例なほど、のんびりと大人の趣味として楽しめるレースがある。マッドハウスが主催する「K4-GP」だ。参加費、車両代は安く、誰でも手軽に、そして楽しく遊べる。そんな「K4-GP」に参加し始めた筆者に日経BPから、ひとつのオファーが届いた。

「君には才能がある。うちのチームで走らないか」

 なんて話では(残念ながら)ない。筆者が参加しているチームが持つ“ある特徴”を生かして「連載をやってみないか?」というオファーだった。

 などと気取って書き始めてみたが、実はそんなにカッコいいものじゃない。大人になっても、心のどこかに童心を残してしまったオヤジたちが、青春の残り香を探し、少ない余暇をありったけ注ぎ込み、そして楽しむ。そんなK4-GPの魅せられた、あるテクノロジージャーナリストのドタバタ劇だ。

筆者が8月に開催されたK4-GP 富士1000km耐久レースに出場した際に乗り込んだ「プラスワンアオキ ViViO」