PR

 中国が成立した10月1日をはさんだ1週間は「国慶節」と呼ばれ、1週間の大型連休となる。中国内で働いている日本人も休みになるので、筆者は広東省で働いている友人を訪ねにいってみた。そのついでに広東省の電脳街を見にいったのだが、そこではなんとも怖い経験をすることになった…。

 まず、地理的な話をしておこう。広東省は中国の南部に位置し、香港と接している。香港は1997年に英国から中国に返還されたが、両地域の境目には国境があり、行き来するには入出国の審査が必要になる。中国人であってもパスポートや通行証がないと、香港には入れないのである。なお、日本人はビザなしで香港に90日間滞在できるが、中国人はパスポートや通行証を所持していても7日間しか香港に滞在できない。自国の都市なのに、中国人は外国人よりも長期滞在ができないというのは、なんとも変な話である。

香港の電脳街の店舗
香港の電脳街の店舗
[画像のクリックで拡大表示]

大陸側の広東省深センの電脳ビルの外は大盛況
大陸側の広東省深センの電脳ビルの外は大盛況
[画像のクリックで拡大表示]

 香港と接している中国側の都市が深セン(センは土へんに川)。中国に詳しくなくとも名前くらいは聞いたことがあるかもしれない。深センは、香港との境にあることで発展し、北京語が飛び交う移民の街だ(広東省だと方言が多い)。狭い地域に多くの人が住んでいる香港は不動産が高いが、それを嫌って深センに住む香港人も多い。そのため国境越え通勤が当たり前の光景としてあり、朝夕はサラリーマンによる“国境越えラッシュ”が起きている。深センの香港に近い地域では高層ビルが立ち並び、上海と並んで中国本土の金融センターの都市としても機能している。一方、香港から離れた地域では工場が立ち並び、世界の工場と呼ばれる光景を見ることができる。