PR

そうそう、今日明日は、コメントタントーのオ~ヂがいないため、誰かがコメントを書いてくれるらしい。昨日は、タントークラタだった。以前、オ~ヂの留守中にもタントーをしてくれたのだが。

そのとき「なぜタントーを引き受けてくれたの?」とクラタ本人に尋ねたら。

「あ、いえ、実は、トコさんからの原稿がメールで届いた時、周りを見回したら、みんな忙しそうで・・・。仕方なく僕がコメントを・・・」と罰ゲームのように教えてくれた。
ふふ、なので、いつもと違う時間に原稿送ってみます。さあ、今日の担当は誰?この臨時タントー罰ゲーム的イベントは明日までよ。

ていうか、コメントは、へなちょこコラムをなんとか最後まで読んでもらう、という重大な仕事なんだぞ~(多分)。

というわけで。よろぴく。

■今日は、九州地方のスポーツ紙をにぎわせた出来事があったのよ。

東スポは、九スポ、とそれぞれ名前は違うが。それらの一面を飾っていたのが、ソフトバンクホークスの松田選手(25歳)と、KBC女子アナウンサーのシバッチこと、柴田恵里(25歳)ちゃんとの婚約報道だったのよ。

シバッチとは、毎週アサデスのスポーツコーナーで一緒に出演中。ガールズトークにも花が咲いていたのだよ。さらに同じイノシシ年なので~(なん回り違うかは聞かないでくれ~~)、干支占いでも

「ギョエ、シバッチ、今日はイノシシ年は金運がいいらしいよ。ラッキーアイテム宝くじだって。買ってみる?」
と、騒いだり

「キャア、トコさん、イノシシ年は今日のデート運最高ですってよ」
などと盛り上がったものさ。

・・・あ、デート運とか愛情運のときはトコの共感はイマイチだったが。

今思えば、デート運の時に松田選手のことを考えていたのか。
ち、ちくしょ~~~~。

松田選手は、ホークス内では1,2を争うイケメンなのよ。
泣き崩れた女性ファンは少なくないだろうなー。

本人は、あっけらかんとしており。
最後のコーナーで(今日が最後の出演)挨拶をする時に

MCが広げたスポーツ紙の一面の見出しを指差して。

「私、これ。この言葉がすっごくうれしくてっ。ありがとうございます」

とオンエアで語った。その指先の言葉とは。

《KBC美人アナウンサー》の「美人」の部分であった。

うれしいのは、大きく報道されたことじゃなくて、そこかいっ!!!

「ほんと、美人なんて書いていただいてありがとうございます~。超うれしい」
だってさ。

さあ、いままでは、ホークス選手と結婚するアナウンサーは
TNC(フジ系)と決まっていたが。
ようやくKBC(テレ朝系)にも光が見えてきたぞぉ!!

こういう球団とのパイプは、必要よね~~~~。

なんかさ、広報の人とかガヤガヤしていて、スタジオは騒然としていたわよ~。

東京の人とかさぁ、こんなニュースで九州がざわついているなんてこれっぽっちも知らないんだろうねぇ。

知ってましたか?ホークスの松田選手。。。

セブンアンドワイムトウ

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

タントークラタ:
“美人”コラムニストのトコさま、今日も私が罰ゲームです。
お前が一番ヒマなのか、という突っ込みをされても否定できません…。
ホークスの松田選手も知らないですし、結婚のことも知りませんでした。
(私、ほとんどテレビを見ない人間なので、コメント書くのホントに罰ゲームみたいです…)