PR

 韓国の10~20代の携帯電話利用に関する面白い報告書が発表された。MokeyというモバイルCP(Contents Provider)が自社のポータルサイト宣伝のために提供したプレスリリースなのだが、10~20代の会員1万1500人が参加したそれなりの母数を持つアンケート調査の結果が示されている。生まれて初めて携帯電話を買った年齢、その理由、誰が選んだのか、中古端末なのか新品なのか、機種変更サイクルなど、既存の報告書や白書にはなかった内容まで含まれており、なかなか興味深い。

 この報告書によると、韓国の10~20代が始めて携帯電話を買ったのは小学校6年生の時(41.7%)または中学入学の時(41.7%)であるという。小学校卒業や中学入学祝いに携帯電話を買ってもらうことが多いようだ。調査時点の年齢が若ければ若いほど携帯電話を買ってもらった時期も早く、調査時点で10~15歳は小学生の時、16~24歳は中学生の時に購入している。性別では女性が男性より早い時期に携帯電話を所有している。これは、子供の安全のために携帯電話を買い与えるからではないかと考えられる。

 生まれて初めての携帯電話は新規端末が86.7%、中古端末が13.3%で、100%新規というわけではなかった。端末の選択は保護者に任せたと答えた人が46.1%だが、年齢が上がるにつれ、自分で選ぶようになっている。19歳以上の人も32.6%は親が選んでくれると答えているのを見ると、携帯電話の選択に親の影響がないわけではないが、それでも保護者向けのマーケティングよりは実際に携帯電話を使う子供たちに向けた広告やマーケティングが必要であるともいえるだろう。

 携帯電話を購入した理由は「みんな持っているから」と答えた人が56.3%ともっとも多く、「必要だったから」は22.5%だった。そのほかに「プレゼントされたから」18%、「携帯電話の価格が安かったから」3.2%と答えた人もいた。年齢が若いほど周りがみんな持っているから私もほしい、という理由で携帯電話を購入していた。