PR

 みなさん、モバイルしていますか? Windows Mobileスマートフォンとして、世界的に人気のある台湾HTCの「Touch Diamond」は、イー・モバイル、ソフトバンクモバイル、NTTドコモの3キャリアから発売されるということで注目が集まっています。先陣を切って、イー・モバイルが「S21HT」として発売しました。

 「Touch Diamond」の特徴としては、非常に小さいことです。イー・モバイルの「S21HT」は、背面にダイヤモンドカットがない代わりに、何と約98gという軽量になっています。そして、7.2MbpsというHSPDAの通信速度と、Touch FLO 3Dによるタッチオペレーションも売りになっています。携帯電話ユーザーはもちろんのこと、Windows Mobileスマートフォンを長く使ってきたユーザーにとっても、魅力的な端末になっています。

 「S21HT」を使った率直な感想としては、ユーザーがカスタマイズすることで、さらに使いやすい端末になるなあ、ということです。ちょっとした使い勝手を変えるだけで、抜群に使いやすい端末になりますので、ネットや書籍で調べて、カスタマイズに挑戦しましょう。

 今回は、S21HTに行ったカスタマイズをいくつか紹介します。