PR

 日に日に増殖するケータイサイト。「iMenu→メニューリスト→ニュース…」のようにメニューをたどってサイトを検索する人はもはや少ないだろう。今は、iモード(NTTドコモ)とau one(au)ではそれぞれのトップページにGoogleの検索窓を設けており、そこにキーワードを入力すれば、公式サイトも一般サイトも、フルブラウザーで見られるPCサイトも同時に検索できる。ソフトバンクモバイルは「Y!」ボタンを押してヤフー!ケータイにアクセスすれば、PC版さながらの検索窓を備えたYahoo!のトップページが表示される。

 しかし、ケータイでのキーワード検索に不満を感じている人は少なくないはずだ。筆者もその一人。検索するキーワードによっては、膨大な数の検索結果が表示されるため、お目当てのサイトを見つけるまでに時間がかかることがあるからだ。また、ケータイのフルブラウザーは起動やデータの読み出しに若干時間を要するため、サクサクと閲覧するというわけにはいかない。