PR

 10月27日、デルはAtomプロセッサーを採用しつつ、12インチ液晶を搭載した「Inspiron Mini 12」を発表した。これは、同社のNetbook(低価格のミニノート)である「Inspiron Mini 9」の上位に当たる製品だ。一般的なカテゴリー分けでいえば、この製品もNetbookと同じになると思われるが、Mini 9の上位機種であるため、他社のNetbookに対してはスペック的に優位な点がある。

12インチの液晶を搭載した「Inspiron Mini 12」。液晶が大きく、解像度も1280×800ドットある。このため、一般的なノートPCと同じような使い勝手がある

両側面には、インターフェースなどが並ぶ。右側面には5-in-1メモリーカードスロット、Ethernetポート(100BASE-TX)などがある

左側面には、USBポートが2つ、RGBコネクターなどがある

 プロセッサーがAtom NシリーズではなくZシリーズとなっていること、液晶が12インチと競合製品よりも大きい点などから、Netbookに入るようで入らない製品ではあるが、全体としてはかなりNetbookに近い位置にある。詳細なスペックは、デルのサイトをごらん頂くとして、出荷前に短時間ではあるが、実機を試用する機会を得たのでレポートしたい。