PR

現在最終校正中の、「トコのぶっちゃけ風水デイズ」だが、手直しの確認のため、
しょっちゅうプリントアウトした原稿のやり取りがある。

ところが先日、原稿の直し&確認があったのよ。
トコ的には、日程が切羽詰っているので、

「超特急でお願いね」
などと、高ビーに頼んでいた。

すると編集部から、
「少しでも早いほうがいいと、パソコンの方に直しの入った原稿を
データで送りましたが届きましたか?」
と、問い合わせが来た。

「いや、来てないよ~」
「・・・やはりそうですか。重くて無理かな、と思ってました。
では、ビックメールで送りますね」
と言われた。

本1冊分だから、230ページほどのデータ送信なのよ。
イラストとかも付いているので、文字だけの送信ではない。
そりゃあ重いよね~~~。

こっちは、家庭用PCだしさ。
(そんなこと関係ないんですかねぇ?)

そういえば昔、メールに50枚以上画像を添付してきたヤツがいた。
しかも、頼んでないし、いらないしっ、て画像だ。
さらに、それの一枚一枚が大きいサイズだったらしく、
その日、メール受信が、そのせいで固まってしまい。

復旧に半日以上てんやわんやして、速攻削除したのだった。
ア゛ー!!思い出しただけでイライラしてきたわっ!!

きっとそんなことがあちこちで起こって、自動的にある重さ以上のメールは受信できないようになったのだろう。(ですよね?)

しかし??????
ビックメールってなんだよっ?

しばらくすると、なるほど、ビックメールと言うのが届いた。

指定されたURLにアクセスすると、スララ~~~っと、原稿が表示された。

■無料で大容量のデータが送受信できるらしい。
100MBだって。

チラ見して、よしきたかぁと、安心した。
急がせたくせに、連休だし、明日にするか、と、そのページを閉じた。

そして、翌日夜である。
落ち着いて読んでみようと、そのURLを開けたら。

■ビックメールには、無料のかわりに規制があったのだ。

『ダウンロードは、5回まで』。
『保存期間は3日間』。

ふがっ、危うくあと20数時間でデータがなくなるところじゃった。
急がせておいて、
「ごめん、保存期間を過ぎてて原稿を確認できなかった」
なんて、申し訳ないことにならなくってよかった。

もしよろしかったら、どうですか?
ビックメールhttp://www.bigmail.jp

本1冊分スラスラ送れちゃうよ。
たぶん画像も100枚とかでも平気よね。

■オ~ヂ。SDカード届きました。マンモスサンキュー。

しかし、意外なことに、封筒に縦書きの『きれいな字』じゃった。
さらに速達だし。実はいい人なんだ~。

セブンアンドワイムトウ

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

タントーヨシダ:
同じようなサービスに「宅ふぁいる便」もあります。
ところで、一応これでも硬筆・毛筆とも初段を有しております。
が、書いたのは私ではありません。残念!