PR

 写真編集ソフトの機能向上は、とどまるところを知らない。まあ、ソフトが代を重ねるごとに高機能化するのは、当然な流れではある。

 例えばPhotoshopのエントリーソフトであるPhotoshopエレメンツでさえ、使いこなすのには、それなりに勉強しなければならないだろう。もちろん、写真を趣味にしてる人には、高機能ソフトの選択肢が増えるのがうれしい限りだ。また、ここ一番の写真を仕上げるためにはどんどん活用したい。

 ところが、仕事で必要な加工をしようと考えたときには、やや大げさだと感じてならない。例えば、取引先などに情報を提示するために写真をちょっと切り抜いたり、コメントを付けるようなケースで、いちいちPhotoshopエレメンツを起動するのはナンセンスなのだ。そこまでの機能は不要だから、もっと手軽に短時間で作業したいのである。出張や視察などで撮影してきた写真をメール送る際には、サイズを変更したいケースもあるだろう。そんなときも、手頃なソフトがなくて困ってしまう。

 実はこの程度の作業なら、MacOSの標準機能「プレビュー」でこと足りてしまうのだ。ワープロで作る企画書に写真を貼り付けるような作業でもプレビューを使えば十分だろう。

 僕のように、WindowsとMacの両方を使っている方も、ちょっとした写真の加工は、Macを利用してプレビューで済ませると手っ取り早い。加工を終えてからWindowsに転送すればいいだろう。写真のファイルはJPEGなので、OSの違いによる垣根はほとんどないのだ。

 初期設定では、JPEGファイルはプレビューで写真を開くように関連付けられている。どのプログラムで写真を開くかは、利用頻度に応じて決めればよいだろう。Macを仕事で使う機会が多いなら、もちろん、プレビューがお勧めだ。

 関連付けの変更は、写真のファイルを右クリックして実行すればよい。

写真(jpeg)の関連付けは、controlを押しながらファイルをクリックして「このアプリケーションで開く」で変更できる。右クリックでも同じだ
写真(jpeg)の関連付けは、controlを押しながらファイルをクリックして「このアプリケーションで開く」で変更できる。右クリックでも同じだ
[画像のクリックで拡大表示]

プレビューで写真を開いたところ。Windowsの写真プレビュー機能よりはるかに使える
プレビューで写真を開いたところ。Windowsの写真プレビュー機能よりはるかに使える
[画像のクリックで拡大表示]