PR

 モーフィング(モーフ)なるモノをご存知だろうか。


【モーフィング】
morphing

2つの異なる画像データから、滑らかな変形画像を作る技術。2次元画像では、片方の画像を滑らかにもう1枚の画像へと変化させることができる。例えば猫と虎の画像を用意してモーフィングを行えば、猫が虎へと少しずつ変身していく動画が作成できる。 出典:「日経パソコン用語辞典2009」

 1990年代に流行した技法で、有名なところだとマイケル・ジャクソンの「Black Or White」のプロモーションビデオで使われている。いろいろな人種のダンサーの顔が次々にみよよ~んと変化していくさまが、誠に斬新であった。
 今やスキャンダルまみれ、疑惑まみれのマイケルだが、「Black Or White」の頃は本当に格好良かった。ちなみにこのプロモーションビデオには、映画「ホーム・アローン」の子役・マコーレー・カルキンが出演している。嗚呼、人生いろいろ。
 映画「ターミネーター2」で、液体金属で出来ているという設定の敵役のターミネーター・T-1000が自由自在に姿を変えるシーンもモーフィングだ。

 「ターミネーター2」や「Black Or White」のプロモーションビデオに登場するモーフィングは当時の最先端の技術を使って処理したものだが、個人でもモーフィングムービーがお手軽に作れる「Morpher」というシェアウェアがあった。
 私も、友達の顔写真やら動物の顔写真やらヤカンの写真やら郵便ポストの写真やらなにやらをみよよ~んと合成させて、随分楽しんだものだ。
 今でも、Macintosh OSX用のフリーソフト「Norrkross MorphX」絵というお手軽モーフィングソフトで、時々みよよ~んとやってみたりしている。
 だって面白いんだもん、モーフィング。

 さて、このたび、なんとiPhone用モーフィングアプリ「フリフリ顔動画 Morph123」がリリースされた。
 モーフィング好きの私としては、これはぜひとも試してみなくてはなるまい。
 レビューも読まずサポートページもチェックせずに、闇雲にiTunesStoreの購入ボタンをクリック。350円也。

iTunesStoreの「フリフリ顔動画 Morph123」の商品ページ。
iTunesStoreの「フリフリ顔動画 Morph123」の商品ページ。
[画像のクリックで拡大表示]

「フリフリ顔動画 Morph123」を起動したところ。アイコンがカワイイ。
「フリフリ顔動画 Morph123」を起動したところ。アイコンがカワイイ。