PR

先日、韓国で、ヤフーのログインページにたどり着いたが、入力したらハングル文字じゃー、と叫んでいたが。

部屋で次男に「せっかくログインページまでたどりついたのに。。。」
と文句を言っていたら。
「えっ、英数字は入力切替ででるよー」
教えられた。
「あっ、そうか。ハングルでも、英数字は使うよね~~~。
じゃあ、いつもの「Capslock」キーと、その2個上にある「半角全角漢字」キーを
押してみたらいいんじゃん」

と張り切って、再び階下のビジネスセンターのパソコンに座った。

しかし、左側のその辺り(もちろん表記が違うので)のキーを押してみるが、
変換ができない・・・。

「あーあ。できなかったよ。」
とまた文句を言いに部屋に戻ったら、次は、ついてきてくれ、Capslockと、2個上ではなく、
下のほうのキーを押して、変換してくれたのであった。

「おお、すごいっ。キーの場所が違うんだ」と知ったさ。
しかも、ログイン後は、

■「お気に入りもこれで見れるよ」
と、バーの上部のハングル文字をクリック。
見事お気に入りが現れたのであった。

「なんで、バーの文字はハングルなのに、お気に入りってわかったの?」
「だいたい、その辺りにあるでしょ、お気に入り」
と、諭されてしまった。

産まれたときからいじっている世代は、感覚が違うわね~。