PR

 これまで、iPhoneやiPod touchでWebブラウズしていたら、突然ホーム画面に戻ってしまい、結局目的の情報が入手できなかったというユーザーの方が多かったのではないだろうか。11月21日に配布開始された新しいファームウエア2.2はこの問題に対応、かなり良くなった。まだ完全とは言いがたいが、まだの人は早めにアップデートすることをお勧めする。

機能とセキュリティの強化

 2.2アップデートの主な内容は次の通り(写真1)。

写真1 11月21日に配布開始された<a href=iPhoneアップデート2.2のお知らせページ">
写真1 11月21日に配布開始されたiPhoneアップデート2.2のお知らせページ

■マップの機能強化
 Googleストリートビューに対応
 交通機関情報と徒歩の道順を検索・表示
 ピンをドロップして住所を表示
 ロケーション情報をメールで共有
■電話機能
 通話のセットアップ失敗と切断を軽減
■メールの機能強化
 絵文字に対応
 スケジュールしたメールのフェッチに伴う問題を解決
 ワイドフォーマットHTMLメールが改善
■Podcastダウンロードの機能改善
 Wi-Fiおよび携帯電話ネットワークを利用して、iTunesでPodcastをダウンロード可能に
■Safariの安定性とパフォーマンスが向上
■ビジュアルボイスメールの音質が向上
■ホームボタンを押すだけで、どのホーム画面からでも最初のホーム画面に戻れる
■文字入力の自動修正機能のオン/オフをキーボード設定で切り替えられる
■セキュリティの強化