PR

 つい2~3年前までノートパソコンの解像度は、1024×768ドットのXGAが主流でした。最近では、これをワイド化したWXGAやWXGA+といった解像度の機種が増えてきました。WXGAは1280×768ドットだけでなく、1280×800ドットや16対9のHD比率に近い1366×768のものなども、WXGAに入れられてしまうこともあるようです。WXGA+は、1440×900ドットや1440×1050ドット程度のもので、WXGAよりも大きいという意味で「+」が付けられています。

 本来、この呼び方は、特定の解像度を持つディスプレイインタフェースの名前(より正確には、ディスプレイコントローラの名称。VGAは、Video Graphics Arrayの略)でした。その後継としてXGA(eXtended Graphics Array)というディスプレイインタフェースが登場し、その解像度をXGAと呼ぶようになったのです。

 そのうちVGAやXGAのバリエーションとしてS(Super)やU(Ultra)を付けたものがサードパーティ製品で解像度を表す単語として使われ始め、本来の意味を失って解像度を表す単語となってしまいました。

 用語が混乱してきたのは、XGAの次に主力になる解像度が1つに決まらなかったからです。何もなければ、縦横比率は同じで、単純に解像度を上げたSuper XGAなんかに落ち着いた可能性はあります。実際には、各メーカーからいろいろな解像度の製品が出てきて、まとまらなかったのです。

 また、HD(High Definition)と呼ばれる16対9の映像フォーマットが普及するだろうという予測や、Windows Vistaで取り込まれるサイドバーなどのために、縦長ではなく横長の画面が有利と感じられたのも理由の1つでしょう。

 ノートパソコンのサイズの大部分は、液晶ディスプレイの大きさが決めてしまいます。これまでのVGA、XGAといった系列は、すべて4対3の比率でした。この比率を横長にすると、ノートパソコンの奥行きを狭めることが可能です。

 また、ノートパソコンにはキーボードがあるので、横方向を縮めると、キーボードサイズに影響が出やすくなります。逆にキーボードは、一定以上小さくできないので、ディスプレイが小さいとき、キーボードの横幅がきょう体のサイズを決めるパラメータになります。

 ちなみに、液晶などの表示デバイスのサイズは、対角線の長さで表現されます。10インチというサイズは、ディスプレイの対角線の長さが10インチ(25.4センチ)ということです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い