PR

ウィンドウショッピングはオンナの楽しみよん(笑)

 筆者はご存じのとおり、買い物が大好き。それもお得なものを探して買うのが。昔は商店街やショッピングセンター、大型店などを意味もなくさんざん彷徨ったものだが(巷でいうウインドウショッピングっつーヤツだな)、最近はもっぱらネットを彷徨う毎日なのであった。

 まあ、とりあえずPCはWindowsゆえ「これこそ“ウィンドウショッピング”やね」などとジョークを飛ばしているのだ(笑)。ただし、ネットでのウィンドウショッピングがあまりに楽しいせいか、あまり出かけなくなり、運動不足になる…というデメリットも。

 まあ、リアルな店というのはリアルに置いてある商品にも制限はあるし、歩いたり車に乗ったりで行ける物理的な距離とか、さまざまな制限がある。もちろん現物を手にとって確かめることができるのは大きな利点だが。

 だが、ネットというものはバーチャルで、制限が少なく、何か欲しい物があったら、よりコスト・パフォーマンスのいいものをすごい数のお店や商品から探すことができるのが何よりの利点だ。だからネット以前のリアル買い物時代よりも、ずいぶんとおトクなものをたくさんゲットしているのは言うまでもない。

10年来あこがれ続け、ガマンし続けてきたもの、それは「ル・クルーゼ」だ

 とりあえずそんな感じで、いろいろと欲しい物をゲットしてきた筆者なのであったが、ところで、そんな筆者でも10年来あこがれ続けたもののゲットせずガマンし続けてきた物がある。それは「ル・クルーゼ」という鍋だ。

 で、友人の「奥様ブログ」には、優雅に「ル・クルーゼでシチューを作ったのぉ」「今日はル・クルーゼで肉じゃがよん」みたいな記述があって、ひそかにヤキモチを焼いていたものだ。とにかく何か、「ル・クルーゼ」というものは特別らしい。なんかセレブな奥様の代名詞みたいなもの…みたいな。

 地元松本の老舗デパート「井上」にも「ル・クルーゼ」はいっぱい置いてある。キッチン・コーナーで真っ先に目を引くカラフルな鍋。で、なぜ手が出ないのかって、それはそれは「とんでもなく高価」だからだ。

 とりあえずちっちゃな鍋でも2万円ぐらい。フツウのサイズで3万ぐらいかな。とりあえウチでつかっている「取っ手がとれる鍋セット」は、10点近いセットで1万円そこそこ。そりゃあずいぶんと「引いちゃう」わけ。

 で、「ル・クルーゼでシチュー作るのぉ。ル・クルーゼだと味が違うのぉ」みたいな友人のブログにちょっくら殺意を覚えながら(笑)、「ルクルーゼ、ルクルーゼって、ウチはティファール(取っ手が取れる鍋セットのメーカー名)で充分ヨ」などと負け惜しみを言いつつ、料理をしていたわけだ。