PR

 前回、デスクトップのアイコンにファイルをドラッグ・アンド・ドロップすることで、FTP経由でアップロードするプログラムを作りました。今回は、同じようにして、WIKIにファイルをアップロードするものを作ってみます。

●WIKIについて

 WIKIというのは、Webブラウザーから簡単にWebページの編集などが行なえる、Web コンテンツ管理システムです。掲示板に近い感覚で誰でも気軽にページを作成したり編集することができます。

 気軽にWebページを作れることから、自分のホームページに設置して何かしらの情報発信をしたり、社内のサーバーに設置して社員の情報共有に使ったりと、多くの場面で利用されています。

 今回作るのは、WIKIの中でも、日本で多く採用されている、PukiWikiを対象にしたファイルのアップロードを行うツールです。

 PukiWiki では、ページを編集できるだけでなく、そのページに画像などのファイルをアップロードすることができるのです。ただ、普通はファイルを1つずつしかアップロードすることができません。しかし、このプログラムを利用すると複数ファイルのアップロードを簡単に行うことができます。