PR

 日本人は昔から、室内のしつらえを工夫することで部屋の中に季節感を取り込み、自然を身近に感じてきました。毎日の生活に季節による区切りをつけることができますし、なにより生活に潤いがもたらされます。

 オフィスでもこうした工夫を凝らしたいところですが、やろうと思っても、仕事の邪魔もの扱いされて、普段はなかなかそうした装飾は許されません。しかし、今日から12月。クリスマスシーズンくらい、飾っても怒られない……かもしれませんよね。

 僕の場合は、誰も出社していない早い時間にこっそりオフィスに行って、こんなツリーを打合せスペースに用意しました。

東急ハンズで購入した2079円のミニツリー
東急ハンズで購入した2079円のミニツリー

 これがあるだけでぐっと雰囲気が出ます。年末に向けて忙しくなりますが、ちょっとやる気もでてくるというものです。

 ちなみに昨年は赤い葉っぱの観葉植物を持ってきたのですが、水遣りを忘れてしまい枯らしてしまいました。その反省を生かし、今年はフェイクのもの。これなら手間もかかりません。

 さらにオフィス入り口にもこんな装飾を。

ガラス面にペタリと張れて、はがすのもカンタン。意外に効果的なデコレーションです。787円
ガラス面にペタリと張れて、はがすのもカンタン。意外に効果的なデコレーションです。787円

 ウィンドウデコレーションと呼ばれるもので、いろんなデザインから選べます。昨年は天使のデコレーションだったので、今年は雪だるまにしました。

 アメリカの会社では、こうしたデコレーションは当たり前に行われており、日本でも若い企業ではこうして季節感のある演出をしているところも多くなってきています。仕事の立て込む年末、ちょっとでも気分を変えるためにも、あなたのオフィスでもやってみてはどうでしょうか?