PR

 2008年12月1日、福岡県弁護士会はグーグルに対し、Googleマップの「ストリートビュー」サービスの中止を求める声明を出しました。同サービスは、地図上で選択した道の風景を360度のパノラマ写真で閲覧できるもの。個人宅や通行人の姿が断りなく撮影・公開されていることから、「プライバシーの侵害ではないか?」と物議をかもし出しているサービスです。グーグルは「公道から撮影した画像のみを使用しているので問題ない」としていますが、福岡県弁護士会は「公道での様子であっても、個人の私生活上の自由の1つとして、何人も、その承諾なしに、みだりにその容貌・姿態を撮影されない自由を有する」として、同サービスによる「プライバシー権侵害の程度は大きい」と判断しています。これは、ストリートビューに対して法曹界が初めて正式な見解を示したものです。

Googelマップの「ストリートビュー」サービス。地図上で場所を選ぶと、周囲の写真を360度のパノラマ画像で閲覧できる。通行人や個人宅の玄関周りなどが断りなく撮影されていて、プライバシーの侵害が懸念されている
Googelマップの「ストリートビュー」サービス。地図上で場所を選ぶと、周囲の写真を360度のパノラマ画像で閲覧できる。通行人や個人宅の玄関周りなどが断りなく撮影されていて、プライバシーの侵害が懸念されている
[画像のクリックで拡大表示]