PR

 Google Chromeなどブラウザーは、ただwebページを閲覧しているだけのソフトだと思っている人もいるかもしれない。つまり、受信しているだけだ、と。ところがそうではない。どのブラウザーでも、Webページを閲覧する前に、ブラウザーは自分の名前をWebページのあるサーバーに送信している。

 Chromeなら「私はChromeですよ」ということをユーザーエージェント情報として送信しているわけだ。実際にどのような情報が送信されているかは、userAgentというデータを簡単なJavaScriptで取り出してみるとわかる。併せて、アプリケーション名(appName)も取り出してみよう。

 検査には次のような簡単なHTMLファイルをメモ帳で作成し、ファイル名をtest.html、ファイルの種類を「すべてのファイル」、文字コードを「UTF-8」で保存する。

メモ帳で入力する
メモ帳で入力する

ファイル名はtest.html、文字コードはUTF-8で保存
ファイル名はtest.html、文字コードはUTF-8で保存
[画像のクリックで拡大表示]

 このtest.htmlをChromeで開くと、ユーザーエージェント情報がわかる。

改行しているが実際には2行の情報
改行しているが実際には2行の情報
[画像のクリックで拡大表示]