PR

年末休みに大トラブル…の巻

 いやまあ、PCというヤツは、なんだかいつもどこかが調子悪い。「風邪ひき名人」のウチのダンナのようでもある。まあ、あちこち調子が悪い悪いと言っているうちはいいが、何かの拍子にふっと起動しなくなってしまう。そんなトラブルが半年に一度ぐらい。あっこれはPCの話。ウチのダンナはまあ、起動だけはするみたいだから。今のところは(笑)。

 なんとなく去年の12月の最終週には、原稿出しも校正も終わり、ほっと一息で、年賀状も日曜日に「ヤッツケ」で全部プリントアウトして出してしまった。家の中の片付け仕事も何とか終わり、ならばPCで暇ができたらやりたいと思っていたことをやるべ…と、余った500ギガのハードディスク(1カ月ほど前に新たなNASを入手、オリジナルの500ギガをはずして1テラのドライブを付けたのだった)をマイPCに第2HDDである300ギガとリプレイスしようと、データをバックアップし、いざマイPCのケースをあけて、リプレイス作業開始。

 …とは言ったって、ケーブル2本(シリアルATAと電源)をつなぎ替えるだけ。「ふふふのふん~♪」と、鼻歌交じりにつなぎ替えて、「さて、起動すっかぁ」と、電源を入れたら…あれ、起動しない。むなしくケースファンとCPUファンが回るばかり。いったいどうしたんだ。暮れも押し迫った12月30日に(笑…いや、笑い事じゃあない)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料