PR

 みなさん、モバイルしていますか? 2009年もモバイル三昧でよろしくお願いします。2008年末に怒涛の発売ラッシュだったWindows Mobileスマートフォンですが、みなさんは、購入されましたか?特に、Touch Diamondの3台(イー・モバイル「S21HT」、ソフトバンクモバイル「X04HT」、NTTドコモ「HT-02A」)には人気が集まっているようです。

 タッチ操作中心で、キーボードがほとんどない端末のTouch Diamondは、テンキーさえありません。文字入力は、画面上のソフトウェアキーボードで行います。電話をかけるときも、ソフトウエアキーボードを利用します。ソフトウエアキーボードは、日本の携帯電話ライクなテンキースタイルの日本語入力システム「Advanced Wnn」が搭載されており、携帯ユーザーにも違和感なく入力できます。

 しかし、残念ながら「Advanced Wnn」は、少し動作が遅めです。特に、Bluetoothキーボードを接続した場合は、実用的な速度ではありません。その日本語入力をアップさせるソフトウエアがリリースされました。富士ソフトの「FSKAREN for Windows Mobile type D」です。FSKAREN for Windows Mobileは、快速に入力できる日本語システムとして人気ですが、Touch Diamondに正式対応したType Dが、昨年12月にリリースされました。値段は3980円で、動作確認機種はX04HT、X05HTです。BBSoftで購入できます。

 これまでの「FSKAREN」と大きく違うのは、ソフトウエアキーボードを搭載していることです。しかも、テンキースタイルのソフトウエアキーボードを搭載してきました。Touch Diamondのタッチスタイルにまさにピッタリだと思われます。早速、デモ版をお借りしましたので、レビューします。