PR

 後を絶たない自宅からの暴露ウイルスによる情報漏えいですが、その元凶とされているのがUSBメモリーです。熱心な社員が仕事のファイルを自宅に持ち帰って、自宅のパソコンで作業をしていて、暴露ウイルスの被害に遭う、というのが最も多い様に思います。

 ここで被害に遭うと言っても、取引先や企業が被害者で、その社員は被害者ではなく加害者として責任を問われることになります。熱心な社員にとっては無念なことでしょう。

 こういう事件が多発するため、多くの企業では「USBメモリーの使用禁止」なるルールが適用されていることと思います。私の知っている会社でも禁止されていますが、通達だけにとどまり、機能的に無効にされているのではないので、問題なくUSBメモリーを利用できてしまうのです。

 このような「通達」による対策には2つの問題があります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料