PR

 みなさん、モバイルしていますか? 現在発売中のWindows Mobileスマートフォン「Touch Diamond」や「Touch Pro」の特徴として、GPS機能を内蔵していることがあります。GPS機能は、オンラインナビゲーション「NAVITIME」や、オンライン地図アプリケーション「モバイルGoogleマップ」で楽しく活用できます。通信機能を内蔵しているスマートフォンならではの、地図データをリアルタイムでダウンロードして表示する機能を活用できます。

GPSを使ったナビゲーションの方法としては、オンライン地図のほかに、地図データを内蔵するアプリケーションがあります。地図データを内蔵すると、膨大なパケットを消費しないこと、携帯通信がオフでも利用できるのでバッテリーの節約になること、など多くのメリットがあります。

 今回は、地図ナビゲーションアプリケーション「Route Finder」(販売元:PDA工房、2万7800円)をお借りしたので、レビューします。「Route Finder」は、「モバイルGoogleマップ」のような地図アプリケーションとは違い、ナビに特化したアプリケーションです。操作方法としては、カーナビに近い感覚で、スマートフォンユーザーには、ちょっと違和感があるかもしれませんが、カーナビユーザーには使いやすいメニュー体系になっています。

 「Route Finder」は、VGA画面対応になったので、「Touch Pro」「Touch Diamond」で利用ができるようになりました。スマートフォンではありませんが、PDAでVGA液晶を搭載している「iPAQ 212」「Axim X51v」でも稼動します。NTTドコモ「HT-01A」で実際に稼動させてみました(デモ版をお借りしましたので、実際の商品と違う場合があることをご了承ください)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料