PR

 今回はなでしこを 無料のオフィスソフト「OpenOffice.org」 と組み合わせて PDF の自動生成に挑戦してみます。PDF は、閲覧ソフトのAdobe Readerが無料で配布されており、どの環境でもレイアウトを維持して表示できるという特徴があります。商品の見積もり書を PDF形式で受け渡しすることも多くあります。今回は、OpenOffice.org と連携して、PDF形式の見積書を作ってみます。

プログラム~PDF形式の見積書を自動生成

今回のプログラムは、お客さんの名前と商品の購入個数を入力すると、見積もりを計算して、PDFファイルを出力するというものです。

図1 お客さんの名前と商品の購入個数を入力します
図1 お客さんの名前と商品の購入個数を入力します

図2 PDF形式の見積書を自動生成します
図2 PDF形式の見積書を自動生成します
[画像のクリックで拡大表示]

【プログラム実行のための準備】

 このプログラムでは、あらかじめ OpenOffice.org で作成した見積書のひな形に、ユーザーが入力したデータを流し込み、PDF 形式に変換するというものになっています。

 OpenOffice.org は、無料で入手できる統合オフィスソフトです。マイクロソフトのOfficeと高い互換性があるので人気です。日本語版はこちらのサイトより入手できます。今回のプログラムを実行するのに必要です。

そして、雛型を読み込んで実行するため、プログラムの実行前に少し準備が必要になります。

・(1)OpenOffice.org で作った見積書のひな形(template.ods)を用意
・(2)同じフォルダになでしこのプログラム(以下)を保存

 template.ods は、以下の図のような雛型です。以下のサイトからダウンロードできます。

ダウンロード~template.ods~http://aoikujira.com/demo/sozai/20081211/template.ods

図3 雛型
図3 雛型
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料