PR

さて、コパ待ち受け画面を持っているスイッチャーさんに
「どうよ、最近いいことあった?」と尋ねたら、
「そうそう、ヤマダ電器に行ったら、来店しただけなのに、
2000ポイント当ったんですよぉ」
「ほうほう、それは間違いなく、コパ待ち受けのおかげだね」
「そうですよねっ」
と、話をあわせてくれた。心優しいスタッフである。

■さらに、シアワセ報告は続く。

ひさびさに、顔の手入れにいったら、そこのお姉さんが
「読みましたよ~、『トコのぶっちゃけ風水デイズ』。おもしろかったぁ」
(トコの最新刊ね)
ニコニコしている。

「もしや、何かいいことあったでしょ?」
尋ねると。

「そうなんですよっ、トコさんの本を読んで、何か私もしようと、コパショップにいったんですよ。そして、『貼るだけ風水』というシールの本を買ったんです。
難しいことは出来そうになかったので、シール貼るだけならいいかな、とおもって。
家のあちこちの方角に指定されたシールを貼ったんです」

「ふんふん、そしたら」

「その翌日。切符買おうとしたら、いきなり、券売機に50円あったんですよ。ラッキー」
「そりゃあ、すごい。だって、たくさんある券売機からそのとり忘れ小銭のある券売機を選んだんでしょ、もう、運が上がっているわ」

「ですよね、で、ビックリして職場でその話をしたんです。
それから150円持って、缶コーヒーを買いに行ったら、お釣りが240円出て来たんですよっ」
「ひょえ~~~、スゴイッ」

「ほんと、驚きましたよ。だって、小銭を拾うなんて、年に何度もないのに、1日に立て続けにおこったんですよ」
「うむ、風水恐るべし」

しかし、その話にはまだ続きがあったのだ。

「で、せっかくついているから、パチンコに行くか、と行ってみたら」
「何でパチンコ?」
「いや、天の声ですね。そしたら、500円くらいで2万円でたんですよ」
「ひゃあああああ~~~~」

「それだけではありません。玉を数えるのに、機械に入れるんですが。箱の底になんと、500円玉があったんですっ」
「す、すごすぎる」
「でしょ、しかも店のオバチャンは当然のようにそれを渡してくれるわけですよ。
私のお金じゃありませんが」
「いやいや、もう、鳥肌が立ってきたよ」

「さらにですよ、その一連の話を、友人の車で話していたら、50円玉が足元に」
「ううむ」
「でも、それは、明らかにその車の持ち主の友人のお金だから、拾って渡しましたけどね」

「にしても、すごいね。トコなんか、風水始めた日にゲットしたのは、ラーメンのチャーシューだよ、人より一枚多く入っていたんだったわ。くやしいっ」

「もう、恐いですっ。運を使い果たしたみたいで。しかもその後、夫は宝くじ当ったんですよ」

そこで、首を横に振るトコ。
「いやいや、恐れることはない。運は限りなくやってくるから、精進するように」
と励ます。
「ハイッ、がんばりますよ、トコさん」

すっかり、プチコパである。

■そして、今日は大寒。1月20日。

大寒生まれの卵を食べると、1年間お金に困らないのよ。

コレステロールがなにさっ!!

育児休暇中のディレクターにみんなで頼んで、知り合いの玉子農場から
今日生まれの玉子を取り寄せてます!!

さあ、これで今年も安泰。

■しかし、怒涛の風水報告だったわ。
がんばる彼女には、玉子のおすそ分けをしようっと。

有馬記念の三連単96万円を当てたなんて人もいるしさ。
トコを通り過ぎて、みんなの運が上がっているぞぉ!!

タントーヨシダ:
黄色いお守りを買ったら、息子が100円拾いました(私じゃなくて)。
私も踏み台にされる側かしら?