PR

 日本でも映画「猟奇的な彼女」やシャンプーのCMで有名な女優チョン・ジヒョンさんの携帯電話がコピーされ、1年以上もSMS(ショートメッセージ、韓国は携帯電話でメールの代わりにSMSを利用する)や通話を盗聴されていたというニュースが報道されてから、韓国中が大騒ぎになっている。韓国を代表する携帯電話ブランド、サムスン電子「Anycall」の看板モデルをはじめ、CMクイーンとしてアジアで活躍、ハリウッド映画にも進出したばかりのチョン・ジヒョンさん。本人がコピーに気付いて捜査を依頼したのではなく、警察の内部調査によって「40人ほどの携帯電話をコピーしてプライベートを監視している業者がいる」いうことが発覚し、その40人の一人がチョン・ジヒョンさんだったというわけ。キャリアの顧客センターには「もしかして、私の携帯電話はコピーされてない?」と問い合わせる人でごった返しているとか。

 クローン携帯とはユーザー管理と料金を請求するシリアル番号をコピーして同じ携帯電話をもう1台作ることで、盗聴やSMSを盗み見ることができる。相手がSMSを送ったというのに届かない、通話中よく途切れる、使ったことのない付加サービスの料金が請求されるなど、こういうことがあったらクローン携帯を疑ってみるべきだという。

 警察は2005年以降に発売された携帯は音声盗聴が難しいので、チョン・ジヒョンさんの場合、マネージメント会社が携帯電話のSMSを盗み見るためにコピーを依頼したようだとしている。韓国のキャリアはユーザーの利便性を高めるため、携帯電話に送信されたSMSをパソコンからも確認できるサービスを行っている。携帯電話に送信されたメッセージを削除しても、パソコンからは確認できるため、クローン携帯を作ってパソコンのサービスに加入し、全てのSMSを監視することができるのだ。

 パソコンのサービスを利用するためには、携帯電話に送られてくる暗証番号を利用して個人認証をしないといけないので、その人の携帯電話を盗むか、クローン携帯を作る必要がある。アイドルファンクラブのBlog書き込みを見て驚いたのだが、好きな芸能人の携帯電話をファンがコピーしてSMSや通話内容を盗聴することもあるという。クローン携帯=犯罪用というイメージがあったのだが、金さえあれば簡単に手に入るものだったということだ。