PR

卵を食べてばかりではない。昨日は、試写会に行った。伊坂幸太郎原作の「フィッシュストーリー」。
「アヒルと鴨とコインロッカー」がめっぽうよかったのだが、その同じチームで作った伊坂ワールド第2弾よ。

壮大な時空を、パンクバンド「逆鱗」の曲がつなぐの。しかも世界を救うんだよっ!
あーおもしろかった。

■そうそう、「逆鱗」は、「ゲキリン」と読むよね。

うちのタローソーリだったら、

「この案がギャクリンにふれ・・・」

などと、うっかり答弁し、マスコミや世間からいっせいに
「ゲキリン!!!」
と、総突っ込みに、あいそうだなー、と勝手に想像して笑ったよ。

こんど、首相の答弁を作っている官僚さんが、文中に、
逆鱗の地雷を仕掛けないかなぁ、と期待したよ。

■さあ、そして、試写会後は、マクドナルドにGO!だ。

というのも、この1カ月借りているイー・モバイルのデュアルダイアモンドの期限が
今月いっぱいなので、いろんなことを試してみよう、とお尻に火がついたのよ。

なぜ、マクドナルドかというと、
■イーモダイアちゃんは、無線LANができるんだって。

なので、おなじみの無線LANスポットマクドナルドに向かったのよ。

コーヒーとアップルパイを注文して、席に座る。

■すると、店内の空気が割れそうな大声が聞こえてきた。

「ハローワークで聞いた、西区にある明太子工場の件ですが・・・」
思わず、振り向いたね。
テーブル5個くらい向こうなのに、耳元で怒鳴られているくらいの大声。
話の内容だと、派遣切りで、就職先を探しているようだ。
気の毒なのだが、店内でその大声、あまりにKY。ていうか、非常識だよね。

就職したいならTPOを学べっ!とおもったさ。
数件の電話を掛けていたが、ことごとく不発のようで、
静かになったので、見てみたら。

マックのテーブルに突っ伏していたよ。南無ー。

さあ、人のことを気にする時間はない。

■早速、無線LANの実験だわ。

と、試写会前に電源を切っていた、イーモダイアちゃんを引っ張り出して、
電源を入れたら。

■えらいこっちゃ!!見たことない画面になってしまった。

テレビ番組の放送前の、カラーバーのようだわ。
しばらく待っても、通常の画面に切り替わらない。
(しかもこんな画面は立ち上がる時には出てこないんだよね~~~)

ひえっ!!
とにかく、リセットせねば。あせった。

■しかぁし、すべてのボタンが、効かないのである!!!。

画面が見えなくても、通話さえできたら、サポートセンターにダイヤルできるのだが。
電話機能も、生きていない。

電源ボタンを押して、切ればいい、と思ったが、電源ボタンも死んでいる。

あーあ。借り物なのに壊しちゃったか・・・。
■オ~ヂ、ごめんなさいー。

トコも、テーブルに突っ伏したくなったよ。

普通ならば、しばらく経ったら、画面が暗くなるの。
なので、コーヒー飲んで気長に待っていたが、
カラーバーのまま光り続けている。

ため息をついて、光ったままバッグに放り込んだ。

帰宅して、もろもろの仕事をこなしたりお風呂に入ったりして、
思い出した。

■「イーモダイアちゃん、どうなっているかしらん?」

バッグをのぞいてみたら、2時間くらい経っているのに、
画面はカラーバーのまま、さんぜんと輝いているわ。

■しかも、手に取ると、本体が熱いッ!!

もうこれはヤバイッしょ。
最後の手段にでるしかない。

■そう、トラブルからの脱出は「電池をぶっこ抜く」である。

電池のフタをとり、電池パックをほんの少し浮かせた。
瞬時に!!画面が真っ暗になった。

「ひょぉぉぉぉ。やったぜ」

まだ不安だったが、しばらく経って、本体が冷えた頃、
そっと電源ボタンを押したら、見慣れた画面が立ち上がってきた。

「ふぃぃぃぃぃ。復活したわ」安堵である。

オ~ヂの逆鱗に触れるところだったわい。

でも、これからイーモダイアちゃんを使う人が増えると、同じトラブルも起こるよね。
その時の解決策は、「電池を抜く」で、一つよろしく。

■で、カラーバーになって固まった原因だが。

電源を入れる時のことだ。

電源ボタンは本体上部(トコの人差し指ね)
それを押す時に、
本体を握っていた、親指部分のボタンを、同時に押してしまったことではないか、
と想像してますわ。(それしか心当たりがないもの)

■電源ボタンを押す時は、くれぐれも、
他のボタンに指がかからないようにしたほうがいいね!!

タントーヨシダ:
試しにもう一回、その親指部分のボタンを押しながら
電源ボタンを押してみるとどうなるか!?